「機動戦士ガンダム UC」を音楽でも満喫 高品質音源ハイレゾにサントラが一挙55曲 | アニメ!アニメ!

「機動戦士ガンダム UC」を音楽でも満喫 高品質音源ハイレゾにサントラが一挙55曲

ニュース

5月17日に『機動戦士ガンダムUC episode 7「虹の彼方に」』がいよいよスタートした。シリーズを通して見どころになったのは、ガンダムシリーズならではのハイクオリティの映像である。しかし、作品の見どころは映像だけでない。音楽もそのひとつだ。
最終章に合わせて、「機動戦士ガンダムUC」シリーズの音楽展開も大きな動きを見せている。CDの発売や配信、それにライブコンサートなどが目白押しだ。この機会に、『ガンダムUC』の映画も楽しんでみてはどうだろうか?

まず、5月17日からスタートしたのが、ガンダムUCサウンドトラックのハイレゾリューション音源(ハイレゾ)の配信である。ハイレゾリューション音源とは、通常の音楽CD規格である16bit/44.1 kHzを超える高解像度の音楽データのことだ。
高音質のオーディオで、格段にきめ細かなサウンドを実現する。これまで聴こえなかった曲のディテールやニュアンスを再現し、まるでライブかスタジオにいるかのように限りなくオリジナルに近い音が聴き取れる。

澤野弘之さんが創り出した音は、「機動戦士ガンダムUC Sound Track in High-Resolution Audio」として配信されている。「機動戦士ガンダムUC オリジナルサウンドトラック」は全24曲で3600円、「オリジナルサウンドトラック2」は全18曲で3300円、「オリジナルサウンドトラック3」は全13曲で2800円である。
いずれも購入者特典として、ミュージックビデオやボーナストラックなどが含まれている。配信は、mora、e-onkyo、OTOTOY、music.jpの4サイトで行っている。
一方、「オリジナルサウンドトラック4」は5月21日よりCD2枚組でミュージックレインより発売される。価格は税込3780円である。

同じ5月21日には、episode 7「虹の彼方に」の主題歌「StarRingChild」の音楽CDが発売だ。Aimerが歌い澤野弘之が創り出した新曲だ。
7月5日のパシフィコ横浜 国立大ホールでの「GUNDAM LIVE ENTERTAINMENT 機動戦士ガンダムUC FILM&LIVE the FINAL “A mon seul desir”」も決定した。音楽世界でも拡大する『ガンダムUC』も注目だ。

『機動戦士ガンダムUC』
/http://www.gundam-unicorn.net/

「StarRingChild」
Aimer(エメ)
発売日:2014年5月21日 発売元:Defstar Records

「機動戦士ガンダムUC Sound Track in High-Resolution Audio」(音楽:澤野弘之)
※ハイレゾリューション音源(24bit/48kHz/リマスタリング版)
2014年5月17日(土)より順次配信開始

「機動戦士ガンダムUC オリジナルサウンドトラック4」(音楽:澤野弘之)
発売日: 2014年5月21日
仕様: Blu-spec CD2 2枚組
税込価格:3780円 発売元:ミュージックレイン
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集