T.M.Revolution 正月の武道館2DAYSに2万人 15年前の衣装で「HOT LIMIT」を披露 | アニメ!アニメ!

T.M.Revolution 正月の武道館2DAYSに2万人 15年前の衣装で「HOT LIMIT」を披露

イベント・レポート

「T.M.R. NEW YEAR PARTY '14 LIVE REVOLUTION」
  • 「T.M.R. NEW YEAR PARTY '14 LIVE REVOLUTION」
  • 「T.M.R. NEW YEAR PARTY '14 LIVE REVOLUTION」
  • 「T.M.R. NEW YEAR PARTY '14 LIVE REVOLUTION」
  • 「T.M.R. NEW YEAR PARTY '14 LIVE REVOLUTION」
  • 「T.M.R. NEW YEAR PARTY '14 LIVE REVOLUTION」
  • 「T.M.R. NEW YEAR PARTY '14 LIVE REVOLUTION」
  • 「T.M.R. NEW YEAR PARTY '14 LIVE REVOLUTION」
熱い音楽とパフォーマンスを絶えることなく世に送り出し続けるT.M.Revolution。その象徴と言えるのが2000年に始まった正月の日本武道館でのスペシャルライブだろう。節目となる時期に、日本の真ん中で熱いステージを繰り広げる。
2014年1月1日、2日も、今年で5年連続となる武道館公演が開催された。「T.M.R. NEW YEAR PARTY '14 LIVE REVOLUTION」とタイトルされたライブに2日間で2万人もが訪れた。数多くのファンが、T.M.Revolutionと共に新年を祝った。

武道館ライブは、T.M.Revolutionにとってもスペシャルな場である。その意気込みは、様々な演出や仕掛けに溢れたステージからも判るだろう。
2014年のステージはお正月らしい、神社を思わせる鳥居を基調としたものだった。さらにステージ上には巨大LED、そしてTwitterを駆使した開場前の盛り上げ企画などが行われた。ライブのイントロも荘厳な獅子舞のパフォーマンスから、そこに黒い衣装に身を包んだ西川貴教が現れるという趣向だ。

勿論、音楽も抜群のセットリストが用意された。こちらのスタートは、2月12日にSCANDALとのスプリットシングルに収録される新曲「Count ZERO」である。T.M.Revolutionにとっては縁の深い「戦国BASARA」シリーズの最新作『戦国BASARA4』のオープニングテーマにも起用される。それだけにファンの盛り上がりも特別だ。
さらに2013年の「UNDER:COVER 2」からの人気楽曲、そしてテレビ番組で披露した水樹奈々の楽曲「Pray」、河村隆一の名曲「Love is…」のカヴァーという贅沢さだ。配信限定の「HEAVEN ONLY KNOWS ~Get the Power~」のライブ初披露もあった。
途中には、水樹奈々をナビゲーターに迎えた「2013年T.M.Revolution振り返りVTR」が流れるサプライズも。2013年の活動をダイジェストで振り返った。

さらなるサプライズな仕掛けは、こちらも恒例になってきた「お年玉」企画だった。西川が15年前当時、ファンにインパクトを与えたあのお馴染みの衣装で姿を見せて、自身の大ヒット曲の数々をメドレー歌唱するというものだ。
LEDに映し出されるミュージックビデオを背に、「Burnin’ X’mas」の衣装を纏った西川が登場。ワンコーラスを歌いあげると衣装を早着替えし、曲は「WILD RUSH」に切り替わる。さら「HOT LIMIT」へつなぐ。当時も話題になったこの曲のビジュアルは、15年の時を経てもまるで色褪せていなかった。

その後に水樹奈々との革命的コラボの曲「Preserved Roses」、「革命デュアリズム」を経て、最後のMCとなった。
「この日が迎えられて、また新しいスタートです。こうやって続けてきた武道館公演も一区切り。この先20周年に向けてどんなことを積み上げて行けるのか、一緒に悩んだり一緒に考えたりして行ければと思いますので、ひとつよろしくお願い致します!!」と2014年の抱負を語った。最後はアコースティックギターによる「LIGHT MY FIRE」の熱唱で、ライブの幕を閉じた。

T.M.Revolutionオフィシャルサイト
/http://www.tm-revolution.com/
T.M.RevolutionオフィシャルTwitter
/http://twitter.com/tmr15
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集