WEB小説「城喰~シロクロ~」刊行 「BLOOD+」の藤咲淳一が執筆 | アニメ!アニメ!

WEB小説「城喰~シロクロ~」刊行 「BLOOD+」の藤咲淳一が執筆

ニュース

オリジナルWEB小説『城喰~シロクロ~』の単行本が12月21日に刊行された。Production I.Gに所属する脚本家・藤咲淳一さんによる作品だ。
城をも自在に築き上げる道具「代手」を手に、戦乱の世を瑞々しく生き抜く少年たちの成長譚を綴った築城戦記アクションである。

『城喰~シロクロ~』は楔型の不思議な装置を操る「代手使い」を題材とした物語だ。主人公は辺境の地に、「土見師(つちみし)」として育てられたひとりの少年・銀(しろがね)。この地で穏やかに生きていくと思っていた彼の下に、豪槍を携えた武人・焔九狼(ほむらくろう)と、不思議な少女・朱鷺(とき)が現れる。
二人はかつて尊氏白薙(たかうじしらなぎ)が天下を一つにしたときに仕えていた「築城師」を捜しているという。この出会いが、銀の運命を大きく狂いはじめ、新たな物語が始まる。

作者の藤咲淳一さんは、『劇場版xxxHOLiC 真夏ノ夜ノ夢』、『RD 潜脳調査室』など多くの作品で脚本を手掛けてきた。また『BLOOD+』や『ルー=ガルー』では監督を務めた経験も持つ。小説の代表作には「BLOOD THE LAST VAMPIRE」シリーズや『BLOOD-C』などがあり、多岐に渡って活躍を見せている。
また、イラストは『バッカーノ!』をはじめ、ライトノベルやゲームで挿絵やキャラクターデザインを務めるエナミカツミさんが担当した。YouTubeでは本作の世界観を表現したPVを配信中だ。華麗なイラストや登場人物を垣間見ることができる。

小説の読者に向けて、感想モニター募集も行っている。感想を応募した人の中から抽選で10名に、小説とオリジナル図書カードがプレゼントされる。
どちらも藤咲さんのサインが入った貴重なアイテムである。受付期間は14年1月10日までとなっている。
[高橋克則]

『城喰~シロクロ~』公式サイト
/http://shiro-kuro-web.jp/
YouTube
/http://www.youtube.com/watch?v=uBvEyMcAYms

発売日: 2013年12月21日(土)
四六判ソフトカバー/344P
定価: 本体1575円(税込)
発行: 株式会社KADOKAWA
編集: 角川書店
著: 藤咲淳一
画: エナミカツミ
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集