興収40億円も視野 「ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE」好調スタート | アニメ!アニメ!

興収40億円も視野 「ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE」好調スタート

ニュース

12月7日、全国公開をスタートした映画『ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE』は、ルパン三世と名探偵コナンが対決するコラボレーション映画として話題を集めている。ふたつの人気作品の共演ということもあり、全国329スクリーンという大型公開となった。
本作の初日の劇場の客足は、こうした期待に応えるものとなった。配給の発表によれば、14時までの数字では興収が今年初夏に公開した『劇場版 名探偵コナン 絶海の探偵(プライベートアイ)』対比で101%となった。来場客は、『劇場版コナン』を見ることが多いファミリー層だけでなく、『ルパン三世』を好きな40代から50代も多く見られたという。

『劇場版 名探偵コナン 絶海の探偵』は興収35億円超、「劇場版 名探偵コナン」シリーズ歴代最高の成績を記録している。これを上回る水準で大ヒットに向かって一直線だ。
公開後はクリスマス、冬休み、年末年始と、休みも多く、映画館に人出が増える時期でもある。通常以上の伸びが期待出来る。興収40億円も目指せるだろう。

公開初日の12月7日(土)には、TOHOシネマズ六本木ヒルズスクリーン7では、キャスト陣も姿を見せる舞台挨拶も行われた。
ルパン三世役の栗田貫一と江戸川コナン役の高山みなみが並び、ここでも映画と同様のビッグな顔合わせとなった。ゲストキャラクターを演じたアラン・スミシー役の内野聖陽、クラウディア役の夏菜も。内野聖陽は子供の頃からルパン三世の大ファンだったという。また、夏菜は小学生の頃に毎週『名探偵コナン」を見ていと話した。共に声優初挑戦だが、幼いころからキャラクターのファンであるという点も共通だった。
舞台挨拶では、映画のストーリーに因み、“こんな対決映画が見てみたい!またはプロデュースしたい!”というテーマのお題でのトークもあり、大きな盛り上がりを見せた。

『ルパン 三世vs名探偵コナン THE MOVIE』
12月7日全国東宝系にて公開
/http://www.lupicona-movie.com/

栗田貫一 (ルパン三世役) 
【見たいVS企画】 『臨場vs相棒』(杉下右京のものまねで内野さんと絡む)
「僕と高山さんの関係性がルパンとコナンの関係性にも表れている気がします。コナンと一緒に共演する楽しさ、世界観が、僕の生涯の財産の一つになったなと思いました。」

高山みなみ (江戸川コナン役) 
【見たいVS企画】『仔犬vs仔猫』
「やっと初日を迎えて、心からほっとしています。でもまだスタートしたばかりなので、これから2回と言わず、3回、4回、13回くらい(笑)ご家族・友達・恋人同士で見て頂ければと思います。
これからもルパンとコナンをよろしくお願いします!」

内野聖陽 (アラン・スミシー役)
【見たいVS企画】『不二子ちゃんのお風呂シーンvsしずかちゃんのお風呂シーン』
「声優は初挑戦で初めての経験でしたが、今しかないと思い挑戦させて頂きました。(アラン・スミシー)は、とても真剣な男で惚れ込みました。」

夏菜 (クラウディア役) 
【見たいVS企画】『速水もこみちvs川越シェフ』(どっちが華麗にオリーブオイルをかけれるか)
「す、すごいドキドキしています。私の演技大丈夫でしたか?(客席から「よかったよー!」と拍手)
コナン世代のお子さん、ルパン世代のお父さんお母さんは勿論、私たちの世代にも見てほしいです。」
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集