劇場版「空の境界」6周年 スタッフがライブでコメント「未来福音」上映会 札幌、大阪、東京で開催 | アニメ!アニメ!

劇場版「空の境界」6周年 スタッフがライブでコメント「未来福音」上映会 札幌、大阪、東京で開催

ニュース

奈須きのこ さんの小説を原作にアニメ化した劇場版『空の境界』の第1弾『俯瞰風景』が2007年12月1日に新宿テアトル公開されてから、およそ6年が過ぎた。上映開始当初は単館上映、しかもアーリーとレイトのみという条件ながら一大センセーションを巻き起した。
その人気は原作シリーズ全ての映像化につながり、その後の新作アニメの公開の在り方や、劇場公開にも大きな影響を与えている。アニメ史における重要作品のひとつと言って間違いないだろう。

スタートから満5年を超え、6年目を迎えた2013年は、さらなる展開もあった。第1作となった『俯瞰風景』を新たに3D(立体視)化し劇場公開、9月28日には未映像化の作品を新たに映画とした『劇場版「空の境界」未来福音』がこちらも公開された。
テレビでは劇場アニメ7章を時系列に再編した、テレビ放映版も夏に放送された。作品への熱気は、衰える気配を見せない。

このタイミング、そして『未来福音』のヒットを記念して、11月30日、12月1日に、ファンには堪らない企画が札幌、大阪・梅田、東京・新宿の3都市で開催されることになった。「『劇場版「空の境界」未来福音』スタッフオーディオコメンタリー上映会」である。
映画のスタッフが劇場に姿を見せ、映画を観ながらその場でライブなコメンタリーをする。11月30日にはディノスシネマズ札幌劇場の11:30の回に須藤友徳監督(「未来福音」)、藤崎静香さん(「未来福音extra chorus」作画監督)、シネ・リーブル梅田20:20の回に須藤友徳監督。さらに12月1日テアトル新宿 21:10の回に須藤友徳監督、あおきえい監督の出演を予定する。司会は高橋祐馬さんが務める。
ただしゲストについては、他、ufotableスタッフと調整中としており、今後も増える可能性が高い。

劇場チケットは、全席指定で2000円均一となっている。11月23日10時より、チケットぴあにて販売を開始した。
『未来福音』は勿論だが、劇場版『空の境界』シリーズイヤーとなった2013年を振り返る機会ともなりそうだ。

劇場版「空の境界」公式サイト
/http://www.karanokyoukai.com/

[スタッフオーディオコメンタリー上映会情報]

11月30日(土)
ディノスシネマズ札幌劇場 11:30の回 【Pコード:552-302】
[出演者(予定)]
須藤友徳 (未来福音」監督)、藤崎静香(「未来福音extra chorus」作画監督)、他、ufotableスタッフ調整中
司会:高橋祐馬(宣伝プロデューサー)
シネ・リーブル梅田 20:20の回 【Pコード:552-299】
[出演者(予定)]
須藤友徳 (未来福音」監督)、他、ufotableスタッフ調整中
司会:高橋祐馬(宣伝プロデューサー)

12月1日(日)
テアトル新宿 21:10の回 【Pコード:552-297】
[出演者(予定)]
須藤友徳 (未来福音」監督)、あおきえい(「未来福音extra chorus」監督)、他、ufotableスタッフ調整中
司会:高橋祐馬(宣伝プロデューサー)

料金: 全席指定:2000円均一(全席指定制)
座席指定券はチケットぴあ のみの販売。11月23日(土)10:00より販売開始
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「空の境界」第三期公開時期決定 2009年初春完結へ 画像 「空の境界」第三期公開時期決定 2009年初春完結へ
  • 劇場版「空の境界」未来福音 2013年秋テアトル新宿 他で公開 画像 劇場版「空の境界」未来福音 2013年秋テアトル新宿 他で公開
  • 劇場版「空の境界」がTV放映 式と幹也の物語を全13話時系列順にTOKYO MX、BS11にて 画像 劇場版「空の境界」がTV放映 式と幹也の物語を全13話時系列順にTOKYO MX、BS11にて

特集