チケット即完売の話題作 「寫眞館」「陽なたのアオシグレ」拡大上映決定 | アニメ!アニメ!

チケット即完売の話題作 「寫眞館」「陽なたのアオシグレ」拡大上映決定

「スタジオコロリド」によるオリジナル短編アニメ映画『寫眞館』と『陽なたのアオシグレ』が11月9日(土)より拡大公開する。

ニュース
左:『寫眞館』|右:『陽なたのアオシグレ』 (C)studio colorido
  • 左:『寫眞館』|右:『陽なたのアオシグレ』 (C)studio colorido
[ニュース提供:/KAI-YOU.net]

2011年に設立された新進のアニメーション制作会社「スタジオコロリド」による、オリジナル短編アニメ映画『寫眞館』と『陽なたのアオシグレ』が、2013年11月9日(土)より、シネ・リーブル池袋、テアトル梅田、ブリリアショートショートシアターにて公開することが決定した。今後、さらに全国で順次公開される予定。

この決定以前、10月13日にシネ・リーブル池袋にて1日限定ということで公開されたが、チケットは販売開始からわずか2日で完売し、拡大公開を望む声は多かった。なぜ、短編のアニメ映画がそこまで注目を集めるのか。人気の秘密は、ズバリ制作陣にある。

『寫眞館』は、『AKIRA』の作画監督や『パルムの樹』、『ファンタスティックチルドレン』の監督を務めたなかむらたかしさんが監督、脚本、原画を手がける。美術監督の木村真二さんをはじめ、長年なかむらさんと共に仕事をしてきたメンバーでメインスタッフを固めた。

『陽なたのアオシグレ』の監督を務めるのは、石田祐康さん。石田さんは、大学在籍中に制作した短編アニメーション「フミコの告白」で、第14回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞をはじめ数々の賞を受賞した、若手アニメーション作家の中でも最も注目を浴びる一人。本作が劇場公開デビュー作となる。

なかむらたかしさんと石田祐康さん、どちらも実力派のクリエイターなだけに、作品にもかなり期待できる。

まずは、予告編からどうぞ。



作品公式サイト /KAI-YOU.net
スタジオコロリド /KAI-YOU.net

この記事を書いた人: たかはしさとみ

[ニュース提供:/KAI-YOU.net]
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集