京都アニメーションがファンに感謝 「京アニ&Do C・T・F・K 2013」11月30日にイベント開催 | アニメ!アニメ!

京都アニメーションがファンに感謝 「京アニ&Do C・T・F・K 2013」11月30日にイベント開催

京都アニメーションとアニメーションDoが、11月30日に京都市勧業館(みやこめっせ)にてファン感謝イベント「京アニ&Do C・T・F・K 2013」を開催する。

ニュース
京都アニメーションとアニメーションDoが、11月30日に京都市勧業館(みやこめっせ)にてファン感謝イベント「京アニ&Do C・T・F・K 2013」を開催する。公式サイトが立ち上がり、開催告知を行っている。
ただし、このサイトはティザーとなっており、「京アニ&Do C・T・F・K 2013」の詳細は、10月17日に公開されるとのことだ。大人気の作品を次々に創りだすスタジオだけに、一体どんな内容になるのか気になるところだ。

京都アニメーションは『涼宮ハルヒの憂鬱』、『らき☆すた』、『けいおん!』、『日常』、『氷菓』など、数々の人気ヒット作品を手がけてきたことで知られる。一方、アニメーションDoはスタート時は京都アニメーションの大阪スタジオであったが、現在は関連会社となっている。
イベントの協力会社には、ポニーキャニオン、ランティス、TBS、朝日放送、クオラスの名前が挙がっている。単なるファン感謝イベントのみならず、さらなる新作の情報解禁なのか、はたまた誰もが思いも寄らない虚を突くような驚きの発表が行われるのか、ファンからの関心も高まっている。

イベント名の「C・T・F・K」についても、ファンから様々な予想が立てられている。オリジナル作品の新作タイトルではないか?や、順当に最近の話題作であるC(『中二病でも恋がしたい!』)・T(『たまこまーけっと』)・F(『Free!』)・K(『境界の彼方』)ではないか?など、思いが巡らされている。
どのような内容が明らかになるのか、10月17日を楽しみに待ちたい。
[真狩祐志]

京都アニメーション
/http://www.kyotoanimation.co.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集