絵師100人展 02 京都篇 国際マンガミュージアムで特別展開催 珈琲貴族イベントも | アニメ!アニメ!

絵師100人展 02 京都篇 国際マンガミュージアムで特別展開催 珈琲貴族イベントも

9月28日より、京都国際マンガミュージアムで特別展「絵師100人展 02 京都篇」が開催されている。総勢105名の現代の絵師たちが日本の四季をテーマに描き下ろしたイラストを展示する。

ニュース
「絵師100人展 02 京都篇」
  • 「絵師100人展 02 京都篇」
  • 珈琲貴族「晩秋の通学路」
  • 蒼樹うめ「春夏秋冬」
  • いとうのいぢ「はるはむらさき」
9月28日より、京都国際マンガミュージアムで特別展「絵師100人展 02 京都篇」が開催されている。展覧会では、総勢105名の現代の絵師たちが日本の四季をテーマに描き下ろしたイラスト作品を一同に集めている。
この企画は、秋葉原でも開催されている「絵師100人展」の京都版にあたる。2012年3月に開催された「絵師100人展 京都篇」が好評を集めたことから、その続編として企画された。

展覧会は、「02:日本の四季」と「03:日本の一景」が同時公開するかたちとなっている。ふたつのテーマを通して、日本の風景の魅力、その表現を追究する。
タイトルに使われた“絵師”は、伝統的な言葉のほかに現代的な意味もかけ合わせられている。マンガやアニメ、ゲーム、ライトノベルの挿絵などで活躍するクリエイターを“絵師”と呼ぶことから引用している。その現代的なイラストレーションの魅力を発信する。
参加する作家には、蒼樹うめさん、いとうのいぢさん、上田夢人さん、KEIさんといったファンにはお馴染みの顔が並ぶ。105名が参加する。期間は12月1日までで、観覧料は大人1000円、中高生500円、小学生100円である。

また、11月2日に参加絵師の珈琲貴族さんによるトーク・ライブドローイング・サイン会が実施される。こちらは事前申し込み制となる。トークとライブドローイングは14時から15時30分までで250名、サイン会は16時から17時までで50名となっている。
サイン会の参加については、トークとライブドローイングの参加者から抽選になる。当日、ミュージアムショップで本展覧会の図録(税込2500円)の購入も条件となっているので注意が必要だ。
[真狩祐志]

京都国際マンガミュージアム特別展
絵師100人展 02 京都篇
/http://www.kyotomm.jp/event/spe/painter2013.php

「絵師100人展 02 京都篇」
/http://www.kyotomm.jp/event/spe/painter2013.php
*詳細は上記サイトで確認ください。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集