旧・小学館ビル 総勢108名のマンガ家による豪華ラクガキ大会の写真を順次ウェブ公開 | アニメ!アニメ!

旧・小学館ビル 総勢108名のマンガ家による豪華ラクガキ大会の写真を順次ウェブ公開

小学館が開設した「ありがとう!小学館ビル ラクガキ大会」の公式ページで写真の公開が開始された。マンガ情報サイト「コミスン」にも、関連記事が掲載されている。

ニュース
編集部による写真
  • 編集部による写真
  • 編集部による写真
  • 編集部による写真
  • 編集部による写真
東京・神保町の小学館ビルが老朽化に伴い建て替えを行う。その建て替えに際し、108名のマンガ家が訪れて思い思いに壁面をイラストで埋めた。
描かれたイラストがビルの外から見られるとあって話題となった。さらに8月24日と25日には内部の一般公開も行われた。これには8000名を超える来場者が訪れ、現地は賑わった。

ビルは既に取り壊しに入ったが、そのラクガキは写真に残された。その内部の写真がウェブ上で公開を開始した。
写真が公開されているのは、小学館が開設した「ありがとう!小学館ビル ラクガキ大会」の公式ページである。同じく小学館が運営するマンガ情報サイト「コミスン」にも、ラクガキ大会の経緯や当日の模様、参加したマンガ家たちの感想などの記事が掲載されている。

最初にラクガキが描かれたのは、8月9日だ。浦沢直樹さん、藤子不二雄Aさん、島本和彦さんなど、25名のマンガ家によるものだ。イラストがメディアを含め、徐々に話題を広げていった。
一般公開直前の8月22日に開催したマンガ家向け内覧会でも、さらに多くの作家が参加した。83名の作家が、1階以外の場所にもイラストを描いた。

「ありがとう!小学館ビル ラクガキ大会」の公式ページでは、まずは1階の壁面イラストが公開されている。今後は10月中旬に地下1階、階段、6階が公開される予定だ。
ベテランから新人作家、そして掲載雑誌の区別もなく無心に描かれた、各自が思い入れのある小学館作品のキャラクター。訪れた人は今一度、行けなかった人はここで味わうことが出来そうだ。
[真狩祐志]

「ありがとう!小学館ビル ラクガキ大会」
/http://www.shogakukan.co.jp/rakugaki/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集