高畑勲監督 最新作「かぐや姫の物語」 一般試写会15組30名様ご招待 | アニメ!アニメ!

高畑勲監督 最新作「かぐや姫の物語」 一般試写会15組30名様ご招待

ニュース

高畑勲監督 最新作
『かぐや姫の物語』一般試写会に15組30名様ご招待


日本を代表する映画監督である高畑勲監督の最新作劇場映画『かぐや姫の物語』が、11月23日(土)に全国東宝系にて公開されます。
本作を、一足早く鑑賞出来る一般試写会が、11月8日(金)[18:00開場/18:30開映]に東京・有楽町のよみうりホールで開催されます。この試写会に読者のかた15組30名様をご招待いたします。

応募締切り: 10月19日(土)
サイトにて、23時59分まで受付け

[イベント概要]
日時: 11月8日(金)18:000開場 18:30上映開始
場所: よみうりホール  /http://yomi-h.jp/
応募方法ウェブサイトにて

『かぐや姫の物語』
11月23日(土)全国ロードショー 
公式サイト /http://kaguyahime-monogatari.jp/

応募募集の締め切りは、10月19日23時59分まで。

/kaguyahime@animeanime.jp

上記、応募メールにて受け付けています。
メールの件名を「「かぐや姫の物語」一般試写会応募」とし、メールアドレスとお名前、ご住所を記入のうえメールください。

■ 個人情報について
・アンケートの最後に、「住所」「メールアドレス」「お名前」を回答頂きますが、プレゼントの発送の為であり、それ以外の目的では利用いたしません。
・弊社の個人情報保護についての考え方を記載した個人情報保護についてをお読みください。
/http://www.iid.co.jp/company/pp.html

・個人情報の預託は予定されておりません。
・個人情報の第三者への提供はありません。
・ご招待のご案内発送後、個人情報は破棄します。
上記内容を承諾し、弊社の「個人情報保護方針」に同意いただいた場合のみ応募してください。

abesan 『かぐや姫の物語』とは?
2013年、スタジオジブリ最新作2本が奇跡の同年公開!
1988年、『火垂るの墓』『となりのトトロ』公開から25年。
2013年、50年来の友人でありライバルでもある高畑勲・宮崎駿両監督の最新作が公開される。
二本立て興行であった『火垂るの墓』『となりのトトロ』と異なり、今回の『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』では、スタジオジブリ史上初の長編映画の同年公開、奇跡の実現となった。
2013年のジブリイヤー、先陣を切って7月20日公開される『風立ちぬ』は、5年ぶりの宮崎監督最新作である。

高畑監督が14年ぶりの最新作に選んだ題材は“竹取物語”。
おなじみの昔話でありながら、かぐや姫はなぜ地球に生まれ、月へ帰らねばならなかったのか、また地球にいる間何を考えていたのかを知る人はいない。
今まで知られることのなかった主人公の心の動きを丁寧に描いた、誰も見たことのない新たな“かぐや姫”が、この秋誕生します。

原作: 「竹取物語」 
製作: 氏家齊一郎 
原案・脚本・監督: 高畑 勲 
脚本: 坂口理子
音楽: 久石 譲(サントラ/徳間ジャパンコミュニケーションズ) 
主題歌: 「いのちの記憶」二階堂和美(ヤマハミュージックコミュニケーションズ)

スタジオジブリ・日本テレビ・電通・博報堂DYMP・ディズニー・三菱商事・東宝・KDDI 提携作品
特別協賛/KDDI 特別協力/ローソン・読売新聞 配給/東宝
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集