藤津亮太の恋するアニメ 第13回 菜穂子の「潔さ」ってどうなのよ(前編) 「風立ちぬ」 | アニメ!アニメ!

藤津亮太の恋するアニメ 第13回 菜穂子の「潔さ」ってどうなのよ(前編) 「風立ちぬ」

連載・コラム 藤津亮太の恋するアニメ

藤津亮太の恋するアニメ 第13回
菜穂子の「潔さ」ってどうなのよ
(前編)

『風立ちぬ』

作・藤津亮太


Nが向こうからものすごい勢いで駆けてきた。

「『風立ちぬ』、おもしろかった。おもしろかったけどさ!」
なにやらとても文句がある風情だが、僕はまずなにも応えずに頷いた。こういう時は先に動いたほうが負け(?)というのが、Nとの会話で学んだことだ。まあ、先に動こうが後に動こうが、文句があるNに勝てた試しはないのだが。

「おもしろかったんだけど、何? あの菜穂子? なんか人生を見通したような態度。なんかこう、優等生っぽすぎて、いろいろ見切ったような態度。あれだけがすごく気・に・な・っ・て」
僕は内心、へぇ~と思った。

「そこなんだ。世間ではわりと、二郎にとって都合がいいヒロインじゃないかって、もにょってる人は多いけど、そこは気にはならない?」
「うーん、ちょっとは気にならなくもないけど、彼氏とかとの距離感っていうか、なにをやってあげるか? みたいなものは人それぞれだから、まあ、いいかなって。
それよりも、すっきりしないのは、菜穂子っていいかっこしすぎなことよ!」

『風立ちぬ』は、零戦の設計主任だった堀越二郎をモデルにしつつ、そこに堀辰雄の小説『風立ちぬ』『菜穂子』を付き混ぜた内容の映画だ。宮崎駿監督の最新作で、先日、この映画を最後に長編アニメーションの監督から引退することも発表されて話題にもなった。

さて、それから10分ほどNがまくし立てたところによると、だいたい菜穂子の次のようなところが気に入らないらしい。

1)13歳なのに、二郎との別れ際にフランス語でヴァレリーを引用する、無駄インテリ臭はどうなのよ。
2)軽井沢で二郎と再会したことを泉にお礼している、あの芝居がかった雰囲気はなぜ?
3)死の病への恐怖、戸惑いを(画面上には見せない)あの気丈さって、なんなのさ?
4)今、思い出したけど、二郎のお母さんと菜穂子の髪の色が同じってどゆこと? 

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集