「艦これ」の厚い本が付録! 「コンプティーク 2013年 10月号」品切れ続く | アニメ!アニメ!

「艦これ」の厚い本が付録! 「コンプティーク 2013年 10月号」品切れ続く

ニュース

[ニュース提供:/KAI-YOU.net]

2013年9月10日(火)に発売された『コンプティーク 2013年 10月号』に、人気ブラウザゲームとして巷を席巻中の「艦隊これくしょん」のフルカラー84ページにも及ぶ別冊付録の冊子がついている。そのため、Amazonをはじめネットショップでは軒並み売り切れてしまっており、すでにプレミア価格がつき始めている。

2013年9月10日(火)に発売された『コンプティーク 2013年 10月号』に、人気ブラウザゲームとして巷を席巻中の「艦隊これくしょん」のフルカラー84ページにも及ぶ別冊付録の冊子がついている。そのため、Amazonをはじめネットショップでは軒並み売り切れてしまっており、すでにプレミア価格がつき始めている。

■ 「艦これ」の厚い本が付録

月刊誌『コンプティーク』は、毎号マンガやゲームを取り上げ、連載コミックなども掲載する人気雑誌だ。雑誌についてくる豪華な付録も特徴の一つだが、特に今回は、70万人が歓喜する豪華な付録が話題になっている。その、2013年9月10日(火)に発売された『コンプティーク 2013年 10月号』の付録とは、フルカラー84ページという超豪華な別冊付録「艦隊これくしょん -艦これ- 提督が鎮守府に着任しました」だ。

「艦これ」は、「DMM.com」から配信されている、ユーザーが提督となって鎮守府に着任し、軍艦を擬人化した艦娘を育てるシミュレーションゲームだ。2013年4月から開始され、口コミで広がって半年も経たずに登録者数は増え続け、その数は70万人を突破したと言われている。しかし、いまだにその勢いは衰えず、ここ一月ほどは常に新規着任を規制。徐々にサーバーを解放する抽選方式でしか新規着任が行えないというフィーバー状態が継続している。

そんな中、84ページ丸ごとフルカラーで「艦これ」コンテンツという、神がかったタイミングで別冊付録を世に送り出した『コンプティーク』に注目が集まるのも当然のことだろう。ちなみに、同誌では、前号の巻頭特集でも「艦これ」を取り上げている。

■ マニュアルから艦娘の全カタログまで網羅したフルカラー84P!

「艦これ」スタッフ曰く 実質ほぼ最初の「艦これ」厚い本 であるところの「艦隊これくしょん -艦これ- 提督が鎮守府に着任しました」の内容はどうなっているのだろうか。

まず、表紙は、公式イラストレーターのコニシさんによる描き下ろしの金剛! 巻頭の「ゲストイラストギャラリー」では、近藤一馬さん、松竜さん、ぷよさん、木谷椎さん、SASAYUKiさんがそれぞれ艦娘を一隻ずつ描き下ろし、コメントを寄せている。

「艦これで遊ぼう!」では、ゲームの遊び方やヒントなどが、8ページにわたって解説されている。これまで、提督たちが検証を重ねて推測していたステータスについて、改めて公式見解が発表されていたりと、中々読み応えのある内容となっている。新任提督が開始にあたって攻略の手ほどきとなるのはもちろんだが、ベテランの提督にとっても有用な記事だろう。公式HPからは試し読みも可能だ。

「-艦これ- 関連用語集」や、『コンプティーク』編集部の提督によるQ&Aに加え、全艦娘の全身イラストと初期ステータス、そして艦艇としての史実をも網羅した「艦娘型録」という、これまた提督垂涎の読み応えある内容が続く。「艦娘型録」には、追加されて間もない新艦娘も網羅されているばかりか、イラストレーターのおぐちさんによる敵艦「深海棲艦」の一部も紹介されている。

そして、運営鎮守府司令長官こと「艦これ」企画・開発プロデューサーの田中謙介さんへのインタビューも掲載されている。誕生秘話から運営方針、人気に拍車がかかったきっかけ、今後の追加機能やメディアミックスについても触れられている。(三隻目の潜水艦・伊19は近日追加予定だそうですよ!)

最後に、現在展開中のグッズや、来月号の予告で締めくくられている。これまで二号連続でガッツリ「艦これ」を特集してきた『コンプティーク』だったが、10月10日発売の11月号では、ついに「艦これ」で表紙描き下ろしが決定! 付録には空母・赤城のストラップがついてくる。そして12月号からは、SASAYUKiさんによるコミカライズの始動や、フィギュアメーカーと連動した人気投票も開催されると宣言されている。同号には、加賀・翔鶴・瑞鶴ストラップも!

■ 『コンプティーク』がネット上から消える…?

新人・ベテランに関わらず、全提督も納得の別冊付録。これは手に入れないわけにはいかない! しかし、現在、そのあまりの人気のために、『コンプティーク 2013年 10月号』は、Amazonはもちろん、楽天やセブンネットなどの大手ネットショップでは軒並み品切れを起こし、既にオークション等では原価の980円を大幅に上回るプレミア価格がつき始めている。

しかし、まだ在庫のある書店は確認されているので、まだ手に入れていない全国の提督は急ぐべし!

コンプティーク | 角川書店・角川グループ
/http://www.kadokawa.co.jp/co/

[ニュース提供:/KAI-YOU.net]
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集