笑い飯の哲夫、「手塚治虫のブッダ」で声優初挑戦 芸人きっての仏教フリーク が登板 | アニメ!アニメ!

笑い飯の哲夫、「手塚治虫のブッダ」で声優初挑戦 芸人きっての仏教フリーク が登板

ニュース

『BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅―』が、2014年2月8日に全国公開となる。2011年に公開された『手塚治虫のブッダ ―赤い砂漠よ!美しく-』に続く、全3部作の第2弾であたる作品だ。
2011年公開の第1部では、吉永小百合、吉岡秀隆、観世清和、水樹奈々らの豪華キャスト陣が話題を呼んだ。第2部でも、新たに松山ケンイチが参加するなど話題性十分だ。

さら今回、新たな声優キャストが明らかになった。お笑いコンビ・笑い飯の哲夫が本作の声優に初挑戦する。シッダールタに進むべき道を導くブラフマンを演じる。
哲夫さんは芸人きっての仏教フリークとして知られている。独学で仏教を研究し、毎朝の日課で写経をしたり、さらには般若心経解説本まで出しているほどだ。
哲夫さんは「幼少の頃月一回、実家にお坊さんが来て、般若心経を唱えてくれるのを聞いていて、たまにカッコいい言葉が出てくるなぁと思ったことがきっかけで興味を持ったんです」とその理由について語っている。

仏教好きが縁となり、前作の公開時にはPRイベントに出演した。その際に哲夫さんは「第1作目はシッダールタが悟りを開くまでの話が中心。続編がある際は、悟りを開いたブッダ役の声優を僕にやらせてくれます?」と猛烈アピール。制作サイドも「シッダールタ役は吉岡さんの続投がきまっていたが、続編への出演に意欲的で、これだけ仏教に造詣が深い方なのでブラフマンの役が適任では」と快諾し、本作での声優初挑戦が決定した。

哲夫さんは「初めて映画の声のお仕事を頂いたので、今から映画館に観にいくのが楽しみです」と意気込みを語っている。さらに「今回頂いたブラフマンが出てくるのはストーリーの中でも大事な場面なので、僕がしゃべった瞬間に映画館で失笑を頂かないようにヘリウムガスを吸いながら録音できたらと思ってます」と芸人らしい発言も飛び出した。
新キャラクターのタッタ役には松山ケンイチさんの起用が発表されている。新たに迎えた二人のキャストにも注目していきたい。
[高橋克則]



『BUDDHA2 手塚治虫のブッダ-終わりなき旅-』
2014年2月8日(土)全国ロードショー
配給: 東映
/http://buddha-anime.com

原作: 手塚治虫 
監督: 小村敏明 
脚本: 吉田玲子 
制作: 東映アニメーション
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集