ニャル子単独イベント再び ZEPPダイバーシティ東京が邪神召喚祭、邪神再誕祭で大興奮 | アニメ!アニメ!

ニャル子単独イベント再び ZEPPダイバーシティ東京が邪神召喚祭、邪神再誕祭で大興奮

イベント・レポート

邪神召喚祭、邪神再誕祭
  • 邪神召喚祭、邪神再誕祭
  • (c)逢空万太・ソフトバンク クリエイティブ/名状しがたい製作委員会のようなものW
2013年8月11日、あの『這いよれ!ニャル子さん』のオンリーライブが再び東京に戻ってきた。Zeppダイバーシティ東京に、人気アニメ『這いよれ!ニャル子さんW』のキャスト陣、アーティスト陣、そして長澤剛監督が集結した。『這いよれ!ニャル子さん』の邪神召喚祭、邪神再誕祭のためである。
人気ライトノベルを原作にするテレビアニメシリーズは、最新作『ニャル子さんW』が6月に放送を終了したところだ。番組の終了から1ヵ月半経つが、ファンも、キャスト、スタッフもいまだに熱い。そんな熱気を感じさせる一日になった。

当日、出演したのは主人公・ニャル子役の阿澄佳奈さんをはじめ、松来未祐さん、大坪由佳さん、新井里美さん、羽多野渉さん、柚木涼香さん、喜多村英梨さん、久川綾さん、國府田マリ子さん、山北早紀さんという面々。さらに作詞の畑亜貴さん、作曲・編曲の田中秀和さん、RAMMと賑やかだ。
こんな豪華なゲストたちが、MCの大橋隆昌さんと共に、トークにライブ、ゲームを繰り広げた。

会場は、スタートから大きなも盛り上がりを見せた。この日、このイベントのためだけに制作されたオープニングムービーが幕明けを飾ったからだ。
そして、キャスト自らが作品のよいところを語る「作品に這いよれ!!最初からクライマックスな作品トーーーク!!」から始まった。長澤監督が「楽しみながら、面白がりながらニャル子に向き合ってくれてありがとう」と語る場面もあり、普段は知ることのできない制作現場を垣間見ることも出来た。
ゲストコーナーでは、スペシャルゲストとしてエンディングテーマを手掛けた、RAMM、REDALiCE、Masayoshi Minoshima、MONACA・田中秀和さん、畑亜貴さんらゲストとしてが登壇。音楽トークを中心に深い話が語られた。さらに「スタッフに物申す、ばれなきゃ暴露してもいいんだよ匿名投稿コーナー」、チーム対抗クイズ対決「ニャル×たて」が続く。

LIVEパートでは、トップバッターは、松来さん、柚木さんによる「Sister,Friend,Lover」。阿澄佳奈さんの「よって S.O.S」、大坪由佳さんの「嫌いなワケLychee」などが続き、会場を沸かせた。
その後は、ニャル子唯一のボーイズユニット「後ろから這いより隊B」も登場した。「愛クルセイダース†ストライバー」を熱唱し、ニャル子ソングの別の一面を見せた。
ラストは後ろから這いより隊Gだ。「恋は渾沌の隷也」を阿澄さん、松来さん、大坪さんの3人が披露し、会場は当日一番の盛り上がりを見せた。

フィナーレには、出演者11人が再び登壇し、作品への想いを語った。
そんな参加者の想いをまとめたのが阿澄佳奈さんの挨拶。「本当にありがとうございます。誕生日まで祝ってもらってすんごく幸せな時間をすごさせてもらいました。初参加の方も含め、このメンバーでイベントをできるなんですごいことですよね。こんなに人気なんだから、毎年恒例になるんじゃないかな?
またみんなに会える気機会を楽しみにしてます。今日は、ほんとにほんとにほんとに、ほんとーに!ありがとうございました。」、今後も作品を愛して欲しいとのメッセージである。
さらにこの後、アンコールとなった。全員が姿をみせて、「太陽曰く燃えよカオス」を会場で大合唱した。シリーズの顔ともいうべき曲での壮大なフィナーレとなった。

『這いよれ!ニャル子さんW』  
アニメオ公式サイト /http://nyaruko.com/
番組公式サイト /http://ani.tv/nyaruko_w/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集