M78星雲の姉妹都市「すかがわ市M78光の町」住民登録と住民票発行スタート   | アニメ!アニメ!

M78星雲の姉妹都市「すかがわ市M78光の町」住民登録と住民票発行スタート  

2013年5月にウルトラマンの故郷であるM78星雲 光の国が福島県須賀川市と姉妹都市提携を行った。インターネット上の仮想都市「すかがわ市M78光の町」では住民登録、住民票発行をしている。

ニュース
「すかがわ市M78光の町」住民票
  • 「すかがわ市M78光の町」住民票
  • 「すかがわ市M78光の町」住民票
2013年5月にウルトラマンの故郷であるM78星雲 光の国が福島県須賀川市と姉妹都市提携を行った。それに併せて、インターネット上では仮想都市「すかがわ市M78光の町」を開設している。
7月19日からは同サイトで住民登録サービスおよび住民票発行がスタートした。実際に須賀川市を訪れることで「すかがわ市M78光の町」の住民票が入手できるユニークな企画だ。

仮想都市「すかがわ市M78光の町」は須賀川市のイベント情報や名所など、町の様々な魅力を紹介しているサイトである。サイトでの住民登録が完了すると、光の町の住所と住民番号をもらうことができる。
その住民番号を須賀川市内にある発行場所で提示すると、「すかがわ市M78光の町」の町長・ウルトラの父が認定した住民票が発行される。発行場所は須賀川観光協会と須賀川市コミュニティプラザの2カ所で、料金は300円(税込)となる。色はピンクとグレーの2種類が用意された。
本物の住民票を模したデザインであり、ウルトラマンの姿も描かれている。夏休みの観光の思い出に最適な企画だ。

M78星雲 光の国はウルトラマンたちの故郷として、特撮ファン以外にも広く知られている存在だ。一方の福島県須賀川市は、特撮テレビ番組『ウルトラマン』を世に送り出した円谷プロダクション創設者・円谷英二さんの出身地である。
8月4日には特撮の関係者を招いたトークセッションを開催するなど、市を挙げて特撮文化の発展に力を注いでいる。
今年は円谷プロ創立50周年、2014年3月には須賀川市が市制施行60周年を迎えるなど、双方にとって記念となる年が続く。このことが契機となり、姉妹都市提携が実現した。
[高橋克則]

「すかがわ市M78光の町」
/http://m78-sukagawa.jp/

[住民票発行場所]

須賀川観光協会
発行時間: 8:30~17:00
休み: 土日祝日、年末年始

須賀川市コミュニティプラザ
発行時間: 8:30~17:00
休み: 年末年始のみ
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集