「劇場版銀魂 完結篇」遂に開幕 初日舞台挨拶 “不滅なものはある” | アニメ!アニメ!

「劇場版銀魂 完結篇」遂に開幕 初日舞台挨拶 “不滅なものはある”

アニメ「銀魂」の完結篇が開幕した。7月6日、『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』が全国公開となった。送り手側の感激を伝える場となったのが、公開初日に行われた舞台挨拶だ。

イベント・レポート
劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』。初日舞台挨拶。
  • 劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』。初日舞台挨拶。
  • (c)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会
  • (c)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会
子どもから大人まで幅広いファンから支持を受け続けてきたアニメ「銀魂」の完結篇が開幕した。7月6日、『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』が全国公開となった。
製作発表直後より話題を呼び続けてきた作品だけに、ファンにとっても、制作スタッフにとっても感慨深いものに違いない。とりわけアニメ“完結篇”と銘打ってあればなおさらである。

そんな送り手側の感激を伝える場となったのが、公開初日に行われた舞台挨拶だ。新宿バルト9には、坂田銀時役の杉田智和さん、志村新八役の阪口大助さん、神楽役の釘宮理恵さん、そして藤田陽一監督、ゴリラ(空知先生着ぐるみ)といった顔ぶれが揃った。

杉田さんは子どもから大人まで幅広い客層となった会場に、「7~8年やっているといろんな人が観ているんだなと今になって思う」とあらためて作品への幅広い層からの支持に感謝した。そして阪口さんは「こうして公開を迎えられて本当によかった。詐欺の多い作品なので(公開するまで)分からないじゃないですか」と話した。
藤田監督は、本作に取り組むにあたり全力投球だった。「『完結篇』なので、これ以上のアニメ『銀魂』は作れないくらいのつもりで、やり残しがないよう作った。まだ現実感がないけど、喜んでくれるお客さんの顔を見てこれから噛みしめたい」と現在の気持ちを明かす。

出来上がった作品については、「想像していたものを遥かに超える迫力だった。演者ですら感動するというのはなかなかないんじゃないかと。すごかったです」と杉田さんが絶賛。
また、阪口さんも「続けてきたものに対する思いもあったけど、涙腺にきました。胸もいっぱいになったしいいものを見たな」と、釘宮は「すごく泣いてしまいました。今までいろいろやってきたんだなと思うとブワっときて…。一つ一つのエピソードやセリフやアクションがすごく伝わってきて、『銀魂』をやっていてよかったなと思った」と話す。『劇場版銀魂 完結篇』は、泣ける映画でもあるようだ。

最後に、藤田監督は「1回目だと振り回されるくらい、けっこうな情報量を詰めている。何度も見てまた新たな発見があるはず」と、たびたび映画を観て欲しいとのメッセージをファンに届けた。
釘宮さんは「これまでやってきたものの集大成。未練の気持ちもいっぱいあるけど、みんなに見てもらえてうれしいです」と。阪口さんは「7年続けてこれたのはみんなの応援があったから。本当にこれで終わりなんですかね?みんなの力があれば何とかなるのかな…」、いずれも完結篇とされた今回の作品に感慨深げだった。
杉田さんは、「「銀魂」は銀色の魂。大きさや形は違えど、誰かしらが持っている。なくならないもの、不滅なものというのは確かにあります。「銀魂」がなくなるわけじゃない。これからも「銀魂」をよろしくお願いします」と、引き続きの応援をアピールした。

『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』
7月6日(土)より全国公開
配給: ワーナー・ブラザース映画
公式サイト /http://www.gintama-movie.com
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集