デジタルハリウッド大学 辻真先さんによる外国人向けサマープログラム実施 | アニメ!アニメ!

デジタルハリウッド大学 辻真先さんによる外国人向けサマープログラム実施

7月8日から12日まで、デジタルハリウッド大学の主催より外国人向け「サマープログラム2013」が実施される。講師は同大学で教授を務める作家の辻真先さんだ。

ニュース
サマープログラム2013
  • サマープログラム2013
7月8日から12日まで、デジタルハリウッド大学は外国人向けに「サマープログラム2013」を実施する。講師は同大学で教授を務める作家の辻真先さん、テーマは“アニメ”である。
講師を務める辻真先さんは、作家や脚本家として活躍する。なかでもアニメの脚本を数多く手掛けてきたことで知られている。『鉄腕アトム』や『サザエさん』を担当するなど、初期から日本のアニメシーンを現在までリアルタイムで体感してきた証人でもある。
普段は日本の学生に講義をしているが、今回はそうした経験を海外の学生たちにも伝える。アニメの創世記から現在を体系的に学べる内容となり、外国人向けでなくとも気になるプログラムになる。

こうしたプログラムは今回が初めてではない。デジタルハリウッド大学は、毎年、夏に日本のポップカルチャーに興味を持つ外国人を対象としてサマープログラムを実施している。
今回は、そのなかでも特に人気の高いアニメに着目した。日本のコンテンツの代表でもあるアニメを短期間で深く掘り下げるプログラムとした。

受講の対象となるのは、米国やイギリスなど英語圏で日本のポップカルチャー、アニメに興味のある学生だ。講義では辻さん以外にも業界のプロフェッショナルが、現場の技術や知識を直接講義する。日本アニメの魅力について、その背景を知る濃い5日間を体験出来る。
受講費用は、講座費用が10万円(税込)、宿泊費用が4万8000円(税込)となっている。食費と交通費は含まれていない。

デジタルハリウッド大学は国際アニメ研究所が開設するなど、これまでにもアニメ教育に熱心に取り組んできた。国際アニメ研究所はアニメの研究を大学において行う目的で2007年に創設された。
今回のサマープログラムも、日本アニメの国際的教育や研究を振興する一環として実施される。

デジタルハリウッド大学「サマープログラム2013」
~アニメ業界の創成期を知る辻真先教授による日本アニメの誕生から現在業界のプロフェッショナルが現場の技術・知識を直接レクチャー~
/http://www.dhw.ac.jp/summer-program2013/
《真狩祐志》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集