「ガラスの仮面ですが THE MOVIE」が大都新聞発行 劇場特典で配布 | アニメ!アニメ!

「ガラスの仮面ですが THE MOVIE」が大都新聞発行 劇場特典で配布

ニュース

『ガラスの仮面ですが THE MOVIE 女スパイの恋! 紫のバラは危険な香り!?』が6月22日に劇場公開となる。美内すずえさんの名作『ガラスの仮面』が初映画化、しかもそれはギャグという話題の作品だ。
数々のギャグアニメを世に送り出してきたDLEが制作を手掛ける。すでにテレビシリーズで話題を呼んでいるが、まさかの劇場映画進出となっている。

週末の劇場公開を控え、来場者にプレゼントされる劇場特典が明らかになった。全国のユナイテッド・シネマにて、「大都新聞」を先着1万名に配布する。
「大都新聞」は、映画本編に登場する新聞だ。これがリアルに発刊される楽しいアイディアだ。気になる紙面は、『ガラスの仮面』ファンには嬉しい特集記事が満載となる。

まず目を惹くのは、小長井信昌さんによる特別寄稿である。小長井さんは『ガラスの仮面』初代担当編集者で、後に白泉社社長となったという原作に関わりの深い人物だ。
さらに『パタリロ』で知られる魔夜峰央先生描き下ろしの4コママンガ「マヤと魔夜をつなぐ者。」を掲載、そして主題歌「仮面の宴」を書き下ろし、本作のゲスト声優としても参加したTHE ALFEEの高見沢俊彦さんの記事など、充実した紙面が展開されている。
そのほか「名台詞カルタ発売中」や「第50巻の発売延期 白泉社 真相を公表」など気になる見出しも躍っている。笑えるネタから本格的なコラムまで充実する。
特典は本物の新聞と見紛うかのように作り込まれている。ファンにとっては必見、コレクターズアイテムにもなるだろう。

『ガラスの仮面ですが』はBS12ch TwellVにて2013年4月より放送中のショートアニメ作品だ。原作のキャラクターたちが、毎回異なるシチュエーションでシュールな笑いを展開している。
『ガラスの仮面ですが THE MOVIE』では、北島マヤと姫川亜弓が女スパイになって活躍していく。女スパイ「コードネーム ザ・ムーン」として巨悪と戦う月影千草は、ある日突然悪の組織に誘拐されてしまう。「ザ・ムーン」の後継者として救出に向かうマヤと亜弓。2人は手がかりを求めて日本、ヨーロッパ、中東、アジアと世界中を飛びまわる。
[高橋克則]

『ガラスの仮面ですが THE MOVIE 女スパイの恋! 紫のバラは危険な香り!?』
6月22日ユナイテッド・シネマにて全国ロードショー
/http://garasunokamendesuga.ponycanyon.co.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集