最先端アニメのオムニバス「SHORT PEACE」  貞本義行が映画に参加した理由は? | アニメ!アニメ!

最先端アニメのオムニバス「SHORT PEACE」  貞本義行が映画に参加した理由は?

日本のアニメシーンを代表するトップクリエイターたちが集結したオムニバス映画『SHORT PEACE』が、7月20日に全国公開を迎える。なかでも異彩を放つのが「GAMBO」である。『鉄コン筋クリート』の安藤裕章さんが監督を務めた。

ニュース
「GAMBO」キャラクターデザイン
  • 「GAMBO」キャラクターデザイン
日本のアニメシーンを代表するトップクリエイターたちが集結したオムニバス映画『SHORT PEACE』が、7月20日に全国公開を迎える。『AKIRA』や『スチームボーイ』などで世界的な評価を受ける大友克洋監督の最新作「火要鎮」、『FREEDOM』の森田修平監督による「九十九」など、日本をテーマにした作品が並ぶ。
その個性豊かな作品の中でも、異彩を放つのが「GAMBO」である。『鉄コン筋クリート』の安藤裕章さんが監督を務めた。

「GAMBO」は戦国時代末期の東北地方を舞台に、巨大な赤い鬼と白い熊との激闘を描いた新機軸のバイオレンス作品だ。安藤裕章監督に加え、原案・脚本・クリエイティブディレクターは『REDLINE』の石井克人さん、そしてキャラクター原案は『新世紀エヴァンゲリオン』や『おおかみこどもの雨と雪』の貞本義行さんが務める。異色のコラボレーションが実現する。
貞本さんといえば、約18年にわたり執筆されたマンガ版『新世紀エヴァンゲリオン』が最終回を迎え大きな話題となっている最中だ。その貞本さんの本作への参加は、大友克洋さんから直接オファーを受け、「GAMBO」への参加が決まったという。

本作の土屋康昌プロデューサーはその経緯について、次のように説明する。
「石井克人さんに日本がテーマとだけ伝えて企画書をお願いしましたが、あまりにもぶっ飛んだものがあがって驚きました。大友さんがこれをとても面白がって、キャラクターデザインを頼みたい人がいるという話になり、その場で携帯から電話しプロジェクトへの参加を依頼した相手、それが貞本さんでした」。

安藤監督は、貞本さんのキャラクターデザインについてこう語る。「貞本さんには短時間でしたが予想以上の的確で魅力的なキャラを生み出してもらえました。特に女の子はかわいらしくも生々しさ持ち、『エヴァ』や『おおかみこども』とも雰囲気の違うデザインになったと思います」。
魅力的な短編作が並ぶ『SHORT PEACE』の中で「GAMBO」がどのような輝きを見せるのか。今夏のロードショーに期待したい。
[高橋克則]

『SHORT PEACE』
7月20日全国ロードショー
/http://shortpeace-movie.com/



[スタッフ]

「火要鎮」
脚本・監督: 大友克洋
キャラクターデザイン・ビジュアルコンセプト: 小原秀一
音楽: 久保田麻琴

「九十九」
脚本・監督: 森田修平
ストーリー原案・コンセプトデザイン: 岸啓介

「GAMBO」
監督: 安藤裕章
原案・脚本・クリエイティブディレクター: 石井克人
キャラクターデザイン原案: 貞本義行

「武器よさらば」
原作: 大友克洋
脚本・監督: カトキハジメ
キャラクターデザイン: 田中達之

「オープニングアニメーション」
森本晃司
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集