「RDG レッドデータガール」最終2話を劇場上映 BD/DVD発売記念イベント開催 | アニメ!アニメ!

「RDG レッドデータガール」最終2話を劇場上映 BD/DVD発売記念イベント開催

この春にテレビ放映とネット配信をスタートした『RDG レッドデータガール』が、いよいよ終盤に突入する。その最終2話をキャストやスタッフと伴に、劇場のスクリーンで楽しむイベントが開催されることになった。

ニュース
(c)2013 荻原規子・角川書店/「RDG」製作委員会
  • (c)2013 荻原規子・角川書店/「RDG」製作委員会
この春にテレビ放映とネット配信をスタートした『RDG レッドデータガール』が、いよいよ終盤に突入する。その最終2話をキャストやスタッフと伴に、劇場のスクリーンで楽しむイベントが開催されることになった。6月23日に東京・角川シネマ新宿にて、イベント「鳳城学園夕涼み会」が開催される。
イベントは23日の19時半開場、20時開演、21時半頃の終了を予定する。料金は税込3000円、6月9日より前売りを発売する。

このイベントは、6月28日に本作のBlu-ray DiscとDVDが発売されるのを記念したものとなる。第1巻発売直前の週末に開催し、作品を盛り上げる。
イベントの登壇者は、本作のメインキャラクター鈴原泉水子役を演じる早見沙織さん、相楽深行役の内山昂輝さん、さらにアニメ制作を担当するP.A.WORKSの堀川憲司プロデューサーらだ。司会として如月・ジーン・仄香役のブリドカット セーラ 恵美さんと豪華だ。
当日は、アニメ『RDG レッドデータガール』の幕を飾る第11話と第12話を上映する。また、ゲストによるトークが行われる。ラストならではのエピソードも期待したいところだ。

『RDG レッドデータガール』は、人気作家・荻原規子さんの現代ファンタジーを原作に、テレビアニメシリーズ化している。アニメ制作を『true tears』や『TARI TARI』で知られるP.A.WORKSが担当、キャラクター原案はイラストレーターの岸田メルさんが務めている。監督は篠原俊哉さん、シリーズ構成・脚本は横手美智子さんと豪華だ。起用されている。
主人公・鈴原泉水子は神社の宮司である祖父に育てられ、外の世界をほとんど知らない。引っ込み思案な泉水子には、人にはない特殊の力があった・・・。

「RDG レッドデータガール」ブルーレイ&DVD発売記念
「鳳城学園夕涼み会」
日時: 2013年6月23日(日) 19:30開場 20:00開映(21:30終了予定)
※イベント終了時間は多少前後する場合あり。
場所: 角川シネマ新宿
「RDG」11話・12話上映&トークショー
登壇者(予定)
早見沙織(鈴原泉水子役)、内山昂輝(相楽深行役)、堀川憲司プロデューサー
司会: ブリドカット セーラ 恵美(如月・ジーン・仄香役)
※登壇者は予告無く変更になる場合あり。
料金: 3000円均一(税込) 「RDG レッドデータガール」特製うちわプレゼント
チケット発売: 6月9日(日)~
角川シネマ新宿
http://www.kadokawa-cinema.jp/shinjuku/ 
テレビアニメ『RDG レッドデータガール』
http://rdg-anime.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集