ミュージカル「黒執事」千秋楽はライブ・ビューイングで 全国26館でライブ上映決定 | アニメ!アニメ!

ミュージカル「黒執事」千秋楽はライブ・ビューイングで 全国26館でライブ上映決定

ミュージカル『黒執事 ‐The Most Beautiful DEATH in The World‐ 千の魂と堕ちた死神』の大阪講演・6月9日千秋楽の模様が、全国の映画館でライブ・ビューイングされることが決定した。

ニュース
ミュージカル『黒執事 ‐The Most Beautiful DEATH in The World‐ 千の魂と堕ちた死神』
  • ミュージカル『黒執事 ‐The Most Beautiful DEATH in The World‐ 千の魂と堕ちた死神』
ミュージカル『黒執事 ‐The Most Beautiful DEATH in The World‐ 千の魂と堕ちた死神』の大阪講演・6月9日千秋楽の模様が、全国の映画館でライブ・ビューイングされることが決定した。本作は枢やなさんの同名人気マンガを原作としている。
原作マンガは海外を含め累計発行部数1500万部突破するヒットとなっている。シリーズ前2作では原作の世界観を見事に表現しつつ、ミュージカルの楽しさを盛り込んで連日満員を記録した。

人気が高いだけに、チケットの確保が難しいケースもある。特にステージのクラマックスとなる千秋楽は人気が集まる。また公演が東京と大阪のためやや足を延ばしにくいというファンもいる。
そこで全国の主要都市で注目の千秋楽をライブ・ビューイングとしてファンに届ける。会場は北は札幌から南は福岡まで26館が現在予定されている。
料金は全席指定で税込3500円、プレオーダーは5月3日11時から5月12日23時59分までイープラスにて受付ける。また、5月21日12時から一般販売が始まる。いずれも先着順で、予定枚数に達し次第終了となる。

気になるステージのストーリーは、ファントムハイヴ家の当主シエルと執事のセバスチャンが女王の命により、ロンドンで頻発する無差別殺人事件の捜査に乗り出すところからスタート。そこに死神の間で問題になっていた“回収されない魂”の異常発生の事件が絡み合う・・・。
今作でも前作で好評を博した松下優也さんが、引き続いて執事・セバスチャン役が演じる。その主人である若き伯爵・シエル役には注目の若手俳優・田中偉登が挑むことで期待が高まっている。そのほか豪華若手俳優の夢の競演が、また観客を魅了しそうだ。
本公演は、5月の東京・赤坂ACTシアター、6月の大阪・梅田芸術劇場メインホールで行われる。ライブ・ビューイングは、華麗なエンタテインメントを映画館の大スクリーンで堪能するチャンスとなる。
[真狩祐志]

「黒執事 ‐The Most Beautiful DEATH in The World- 千の魂と堕ちた死神」 
/http://www.namashitsuji.jp/

大千秋楽ライブ・ビューイング
/http://www.liveviewing.jp/kuroshitsuji/
日時: 2013年6月9日(日) 16:00開演
会場: 全国の映画館 ※開場時間は劇場によって異なります。 
料金: 全席指定 3500円(税込み)
チケット: 
【プレオーダー】 5月3日11時~5月12日23時59分
【一般発売】 5月21日12時~6月7日12時 
イープラス /http://eplus.jp/kuroshitsuji-lv/(PC、モバイル共通)
配給: ライブ・ビューイング・ジャパン /http://www.liveviewing.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集