LAで村上隆の大型企画展「Arhat」 映画「めめめのくらげ」プレミアも話題に | アニメ!アニメ!

LAで村上隆の大型企画展「Arhat」 映画「めめめのくらげ」プレミアも話題に

ニュース 海外

世界的に注目を集める現代アーティスト・村上隆の最新アートが米国・ロサンゼルスで披露された。ロサンゼルスの現代アートシーンを牽引する画廊「ブラム&ポー(Blum & Poe)」にて、村上隆の最新作を紹介する展覧会「Arhat」がスタートした。
会場となるブラム&ポーは、その広大なスペースで知られている。日本のギャラリーのイメージとだいぶ異なり、今回の展覧会も美術館クラスの企画展となっている。展示会場には、「羅漢」をテーマに壮大な羅漢図や「Flame of Desire」という直径約5mの巨大オブジェなどが並べられた。

日本のポップカルチャーからの引用による表現や、国際オークションでの高額落札など話題になることの多い村上作品は、米国でもその注目度は高い。
「Arhat」は、そんな村上自身のみフォーカスした展覧会としては、2007年から2009年の間に開催された回顧展「cMurakami」以来のものとなる。それだけに米国のアートファンから大きな注目を集めている。

会場では、LAの関係者が、同じ週に行われた村上隆の初監督映画『めめめのくらげ』のLAプレミアを話題にする姿も多く見られた。『めめめのくらげ』のLAプレミアには、映画監督スパイク・ジョーンズやジャック・ブラックなども参加し、華やかに開催された。
また、アートキュレーター、フォトグラファー、アートプロデューサーのほか、『ワイルドスピード』シリーズや『トータル・リコール』などのプロデューサーであるニール・H・モリッツ、ロックバンド「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のベーシストであるフリーなど各界の著名人も詰めかけた。

展覧会のプレオープンに訪れたフリーは、村上に展示作品や『めめめのくらげ』についても質問を投げかけていた。「村上隆の作品はどれを見ても興奮する!映画を作ったと聞いて、ますます彼に興味が湧いたよ。映画も絶対観にいくことにしているよ」と興味津々だった。
一方、村上は「LAではいつも歓迎してもらえるので、今回も盛況でうれしいです。先日のプレミア試写会もそうだが、アメリカ人の反応がいいというのは心強いです」と手応えを感じていた。

『めめめのくらげ』は初監督となる村上さんの意欲作。実写とCGで少年と不思議な生き物“ふれんど”との友情の絆を描くファンタジー作品だ。日本では4月26日に封切られる。世界が注目する本作に期待がかかっている。
[真狩祐志]

『めめめのくらげ』
4月26日(金)TOHOシネマズ 六本木ヒルズ他 全国順次ロードショー
/http://mememe.gaga.ne.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • NYで村上隆企画のオタク展 画像 NYで村上隆企画のオタク展
  • 幻の村上隆×細田守 アニメ作品も上映 下北沢でカイカイキキ特集 画像 幻の村上隆×細田守 アニメ作品も上映 下北沢でカイカイキキ特集

特集