「ウルヴァリン:SAMURAI」公開日は9月13日決定 話題の超人が日本舞台に活躍 | アニメ!アニメ!

「ウルヴァリン:SAMURAI」公開日は9月13日決定 話題の超人が日本舞台に活躍

ニュース

スーパーヒーロー・ウルヴァリンが、日本を舞台に活躍する。大ヒット映画『ウルヴァリン』シリーズの最新作ハリウッド超大作『ウルヴァリン:SAMURAI』(配給:20世紀フォックス)の日本公開日が決定した。2013年9月13日(金)から全国ロードショーとなる。
ウッルヴァリンと言えばこの人、人気俳優のヒュー・ジャックマンも、この秋に大型スクリーンに戻ってくる。大きな盛り上がりも期待出来そうだ。

全身に地上最硬の金属アダマンチウムを埋め込まれ、すべてを切り裂く爪と異的な治癒能力備えた超人ウルヴァリンは、アメコミ史上でもトップクラスの人気を誇るキャラクターである。日本でも、CAPCOMの格闘ゲームやテレビアニメの影響で知名度は高い。
実写映画では、2000年のシリーズ第1作『X-MEN』以来、ヒュー・ジャックマンが10年以上にわたって演じ続けている。現在、主演作『レ・ミゼラブル』が大ヒット中のジャックマンにとっても思い入れの深い役柄だ。『ウルヴァリン X-MEN:ZERO』につづく最新作となる『ウルヴァリン:SAMURAI』では、自らプロデューサーに名を連ね、企画段階より作品を作り上げている。監督は、『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』『ナイト&デイ』のジェームズ・マンゴールドが手がけている。 

キャスト陣では、スーパーモデルのTAOさんがマリコ役、ハリウッドでも確固たる地位を築く真田広之さんがマリコの父・シンゲン役、福島リラさんがシンゲンの部下・ユキオ役と、日本人がそれぞれ重要なキャラクターを演じている。日本の映画ファンにも気になるところである。
昨年には、大規模な日本ロケーションを敢行し話題を集めた。初めての異国となる日本を訪れたウルヴァリンと、宿敵シルバー・サムライの死闘を軸に、日本人女性・マリコとのロマンスも描かれる。
[多摩永遠]

『ウルヴァリン:SAMURAI』
9月13日(金) TOHOシネマズ 日劇他全国ロードショー
配給: 20世紀フォックス映画

監督: ジェームズ・マンゴールド 
出演: ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ ほか
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集