アーケードゲーム「湾岸ミッドナイト4」、アジア圏で積極攻勢 | アニメ!アニメ!

アーケードゲーム「湾岸ミッドナイト4」、アジア圏で積極攻勢

ニュース

幕張メッセで開催された「ジャパン アミューズメント エキスポ(JAEPO)2013」(2月15日~16日)には、ゲームセンター用のゲーム機が数多く並ぶ。その中で、レースゲーム機を出品したのがバンダイナムコゲームズだ。

「湾岸ミッドナイト マキシマムチューン4」というゲーム機は2011年12月の投入された。その特徴は、ネットワークでつながり、全国のプレーヤーの“分身”と対戦ができること。

通常、この種のゲームはリアルタイムで対戦するのが基本。しかし、このゲームはプレーヤーの運転の腕前や癖などの特徴を自動的に記録し、“分身”をつくる。それによって、全国からプレーヤーの実力や好みに合わせた“分身”を検索してバトルを楽しむことができる。「もちろん、自分の分身とも戦うことができます」と同社関係者。

対戦する場所は全国の主要高速道路で、「実際の高速道路と全く同じレイアウトになっている」そうだ。その高速道路を時速300kmで疾走できるとあって、免許を持っている大人たちに非常に支持されているという。

12年12月からは海外展開も開始。香港ではすでに話題を呼んでいるとのことで、「今後アジア圏を中心に攻勢をかけていきたい」と同社関係者は強調した。

【JAEPO13】湾岸ミッドナイト4、アジアで攻勢

《山田清志@レスポンス》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「湾岸ミッドナイト」アニメ化決定(3/23) 画像 「湾岸ミッドナイト」アニメ化決定(3/23)
  • 「頭文字D ARCADE STAGE 7AAX」 10周年アーケードゲームは11月28日稼働開始 画像 「頭文字D ARCADE STAGE 7AAX」 10周年アーケードゲームは11月28日稼働開始
  • 「超速変形ジャイロゼッター」6月21日より稼働開始  アニメ、玩具も連動大型企画 画像 「超速変形ジャイロゼッター」6月21日より稼働開始  アニメ、玩具も連動大型企画

特集