6月劇場公開「ハル」のコミカライズ決定 別冊マーガレット4月号で連載開始  | アニメ!アニメ!

6月劇場公開「ハル」のコミカライズ決定 別冊マーガレット4月号で連載開始 

ニュース

新鋭スタジオのWIT STUDIOが制作する劇場中編アニメ『ハル』は6月8日(土)にロードショーとなる。本作はメインキャストに細谷佳正さんと日笠陽子さんを起用したことでも話題を集めている。さらに今回新たにコミカライズ連載のスタートが発表された。
3月13日(水)発売の「別冊マーガレット4月超特大号」付録ふろく"別マTWO vol.9"にて連載開始となる。映画公開に先立ってストーリーが展開されていく予定だ。

発表に併せて、コミカライズの作画を担当する綾瀬羽美さんのイラストも公開された。メインキャラクターのハルとくるみの二人が、背中合わせで寄り添う透明感のあるイラストに仕上がった。映画本編はもちろんコミカライズにも注目していきたい。

『ハル』は近未来の京都を舞台に、人とロボットのラブストーリーを描く作品だ。事故で最愛のハルを失ったくるみと、ハルのかわりとなるロボハルの心の交流が表現されていく。
ハル役は『ちはやふる』の綿谷新や『坂道のアポロン』の川渕千太郎などを幅広い役を演じる細谷佳正さん。くるみ役は『けいおん』シリーズの秋山澪など数々の作品でメインキャストを演じている日笠陽子さんが演じる。日笠さんは主題歌「終わらない詩」も担当し、作品に彩りを添えている。

監督は『四畳半神話体系』や『ギルティクラウン』で絵コンテ・演出を担当した牧原亮太郎さんが起用された。脚本は『すいか』や『野ブタ。をプロデュース』など数多くのテレビドラマを手掛けてきた木皿泉さんが担当。キャラクター原案は『アオハライド』や『ストロボ・エッジ』などで絶大な支持を得ているマンガ家・咲坂伊緒さんが描いている。各クリエイター陣によるコラボにも期待したい。
アニメーション制作のWIT STUDIOは、2012年6月にプロダクションI.G出身のスタッフが創設した新鋭スタジオだ。2013年4月からは制作元請を手掛けた『進撃の巨人』がスタートする。『ハル』は同スタジオ初の劇場作品となる。
[高橋克則]

『ハル』
2013年6月8日ロードショー
/http://hal-anime.com
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集