付録だけ電子書籍化 タイトル変えて電子出版 三才ブックスが新たな取り組み | アニメ!アニメ!

付録だけ電子書籍化 タイトル変えて電子出版 三才ブックスが新たな取り組み

ニュース

 電子書籍化で出版社三才ブックスは、(1)既刊本を、タイトルのみを改題して電子化 、(2)付録だけを電子化する、という実験的な取り組みに挑戦する。

 三才ブックスは、すでに刊行済みの本を内容は変えずに、世間が注目するテーマやキーワードを用いて、タイトルのみを改題して電子書籍化するという試みや、読者から「別冊付録のデータ集がほしい」という要望に応えて別冊付録だけを電子書籍化して販売する。タイミングを逃さず短時間で対応できるという、電子化のメリットを追求した。

 改題したのは2冊。2012年4月19日に刊行した『知られざる日本 離島の謎』(定価550円)を『日本の領土 離島が危ない!』(配信85円)に、そして2012年4月9日に刊行した『あるあるマニア』(定価600円)は『爆笑!!!あるある大辞典』(配信85円)として、タイトルのみを変更し電子書籍化した。

 『日本の領土 離島が危ない!』は、領土問題で揺れる島国日本の島々にフォーカスした1冊だ。島のなかには「国境の島」と呼ばれる離島も多く存在し、尖閣諸島や竹島、北方四島は常に諸外国との領土問題で注目を浴びている。これらの緊迫した島以外にも、不可解としか言いようのない不思議なエピソードを「離島の謎」としてまとめた。

 『爆笑!!!あるある大辞典』は、App Storeの「辞書/辞典/その他(レファレンス )」カテゴリから配信するために改題した。学校、会社、キャバクラ、歯医者、ファミレス、どんな世界にも必ず“あるある風景”をイラスト付きで紹介している。

 付録だけを電子書籍化したのは『エアーバンド手帳 2012-2013』(配信900円)だ。この付録は2012年10月26日に発刊した『航空無線のすべて2013』(定価1575円)の同名の別冊付録のみを電子化した。印刷物では難しかった検索が、電子化の特性を活かし容易に行なえ、目次にもリンク機能が埋め込まれているので、タップするだけで目的のページへジャンプする。

電子書籍化で改題&付録だけ電子化……三才ブックス

《高木啓》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集