SCANDAL マレーシア・ワンマンライブが大成功 来春のアジアツアーも発表 | アニメ!アニメ!

SCANDAL マレーシア・ワンマンライブが大成功 来春のアジアツアーも発表

ニュース

ガールズバンドSCANDALの人気が海外に広がっている。12月1日にマレーシアで初のワンマンライブを開催、1600人収容の名門ライブハウスKL LIVE CENTRE, KUALA LUMPURを満員にした。当日はこの会場のファンを大熱狂させる成功を収めた。
ライブは、今年9月に発売された最新アルバム「Queens are trumps-切り札はクイーン-」の中の一曲、「Rock'n Roll」でスタートした。最初から1600人の観衆の心を掴み、アンコール後の「サティスファクション」まで一気に駆け抜けた。
ライブではメンバーがそれぞれ現地マレー語で「テレマカシー」とありがとうを語りかけた。会場からは「もう一回!!」と日本語でのアンコールを望む歓声があがる場面もあった。音楽を通じて、国境を越えた交流が実現した。

SCANDALはこれまでも海外でのライブ活動を積極的にこなし、その知名度も高い。さらに2012年は東南アジアでの人気が高まっている。
マレーシアでの人気は、まず隣国シンガポールの人気爆発から始まった。人気アニメのオープニングテーマを担当したことから、そこからSCANDALの楽曲が耳に入り、一気に人気が高まった。同地での2日間のワンマンライブ実施、シンガポールHMV J-POP/K-POPチャートで1位などの実績を築き、これがマレーシアに波及した。

そうしたなか「サティスファクション」が起用されたWindows 8 のテレビコマーシャルがマレーシアで放送開始、さらに注目が高まったところだ。
このWindowsシリーズのワールドワイドのCMに日本人アーティストが起用されるのも、初めての快挙である。これまでにThe Rolling Stones「START ME UP」やLenny Kravitz「DIG IN」などが担当してきたものだ。

こうした勢いに乗り、SCANDALは2013年も積極的に海外活動をする。2013年3月のアジアツアー決定が発表された。ツアーの開催地は、インドネシア、シンガポール、タイの3カ国、いま世界でも最もホットは国々である。
日本からアジア、世界を目指すSCANDALに今後も注目が集まりそうだ。

SCANDAL 公式サイト
/http://www.scandal-4.com



2012年9月26日
アルバム「Queens are trumps-切り札はクイーン-」
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集