講談社、今冬も電子書籍キャンペーン「冬☆電書2013」 MMRタナカ隊員がマンガ制作秘話も公開 | アニメ!アニメ!

講談社、今冬も電子書籍キャンペーン「冬☆電書2013」 MMRタナカ隊員がマンガ制作秘話も公開

ニュース

講談社は電子書籍・電子コミックを対象としたキャンペーン「講談社 冬☆電書2013」を11月30日から開始した。同社による電書キャンペーンは電子書籍ストア横断型の大型キャンペーンの先駆けで、リアルの書店キャンペーン同様に、新たな読者の獲得と出版文化のボトムアップをしている。
現在は、電子書籍関連の企画を行っており、読者にとってもお馴染みのキャンペーンとなっている。「冬☆電書2013」は、2013年1月17日(木)まで、多彩なコンテンツを公開し、電子書籍・電子コミックのさまざまな楽しみ方を提案する。

今回も盛り沢山の企画が用意された。注目は、「MMR マガジンミステリー調査班」のタナカ隊員が、キャンペーンに登場する点だ。タナカ隊員が、かつて自身が担当した作品や、名作マンガの制作秘話を公開する。
連載開始時の担当者に聞く作家とのマル秘エピソードなどもあり、「MMR」の名台詞「な、なんだってー!」も飛び出す衝撃的な事実が続々と明かされているという。

「冬☆電書2013」では、過去最大の33店の電子書店で趣向を凝らした特集コーナーを配信中だ。講談社が刊行する約14,000点の電子書籍・電子コミックから、それぞれのユーザーに向けタイトルをセレクトした特集コーナーを展開する。
電子書店員がオススメする「この電書がスゴイ!」では本を愛する電子書店員が作品に対する熱い思いをレビューに注いでいる。レビューをTwitter、Facebookでシェアすると抽選で200名様にオリジナルQUOカードが貰える企画も実施中だ。

また電子書籍を使ったことがない人に向けた「無料電書体験」も行う。スマートフォンやタブレット、パソコンで手軽に読めるお試し作品を20タイトル提供される。アプリのインストールも不要で簡単に電子書籍デビューをすることができる。
「冬☆電書2013」の配信作品には人気アニメの原作も多数取り揃えている。2013年1月より新シリーズが放送開始する『ちはやふる』や『みなみけ』など、注目の電子コミックが目白押しだ。
[高橋克則]

「講談社 冬☆電書2013」
/http://fuyuden.kodansha.co.jp/
公式Facebookページ
/https://www.facebook.com/kodansha.densho/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集