「劇場版 STEINS;GATE」2013年春公開 サブタイトルは“負荷領域のデジャヴ” | アニメ!アニメ!

「劇場版 STEINS;GATE」2013年春公開 サブタイトルは“負荷領域のデジャヴ”

ニュース

人気のゲームソフトを原作に、2011年4月から9月までテレビ放送されたアニメ『シュタインズ・ゲート』が劇場のスクリーンに登場する。
かねてより告知されていた『劇場版 シュタインズ・ゲート』の公開が、2013年春であることが明らかにされた。角川シネマ新宿、シネマサンシャイン池袋ほか、全国ロードショーとなる。また、正式タイトルが『劇場版 シュタインズ・ゲート 負荷領域のデジャヴ』であることも発表された。

劇場版制作にあたっては、ファンから好評を博したテレビアニメスタッフが再結集する。総監督に佐藤卓哉さん、浜崎博嗣さん、監督を若林漢二さんが務める。キャラクターデザイン・総作画監督も坂井久太さんと引き続きの登板となる。アニメ制作はWHITE FOXだ。
さらに今回ファンにうれしいのは、本作が完全新作となることだろう。原作ゲームを生み出したMAGES.による完全監修のもと、本編のエンディングの”その後”に起こる事件を描き出す。大団円を迎えたかに見えたテレビシリーズのその後に何が起きたのか?興味がつきないところだ。

『シュタインズ・ゲート』の主人公である岡部倫太郎は、いまだ厨二病をひきずる大学生。「狂気のマッドサイエンティスト」を自称し、秋葉原の片隅にある未来ガジェット研究所で活動していた。
しかし、ある日偶然に、過去へと送信できるメール「Dメール」を発明してしまったことから、彼とその仲間たちは世界規模の事件に巻き込まれる。やがてそれは、時間を超えた物語となっていく。
タイムパラドックスにより引き起こされる悲劇、何度もやり直される現実、巧みなSF演出と秋葉原という日常が結びつくことで作品が魅力を発揮する。先の読めない展開と、張り巡らされた伏線と多層的な物語構造も人気だ。
2013年夏の誰も見たことのない『シュタインズ・ゲート』の新たな結末に注目だ。

『劇場版 シュタインズ・ゲート 負荷領域のデジャヴ』
2013年春 全国ロードショー
角川シネマ新宿、シネマサンシャイン池袋ほか
/http://steinsgate-movie.jp/

[スタッフ]
原作: 志倉千代丸/MAGES.
企画: 安田猛
スーパーバイザー: でじたろう
総監督: 佐藤卓哉、浜崎博嗣
監督: 若林漢二
シナリオ監修: 松原達也、林直孝
脚本: 花田十輝
キャラクター原案: huke
キャラクターデザイン・総作画監督: 坂井久太
アニメーション制作会社: WHITE FOX

[キャスト]
岡部倫太郎: 宮野真守
椎名まゆり: 花澤香菜
橋田至: 関智一
牧瀬紅莉栖: 今井麻美
桐生萌郁: 後藤沙緒里
漆原るか: 小林ゆう
フェイリス・ニャンニャン: 桃井はるこ
阿万音鈴羽: 田村ゆかり
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集