「蒼い世界の中心で」 製作総指揮はクリムゾン自身 最も危険なWEBコミックをアニメ化 | アニメ!アニメ!

「蒼い世界の中心で」 製作総指揮はクリムゾン自身 最も危険なWEBコミックをアニメ化

ウェブ発のマンガ『蒼い世界の中心で』が、テレビアニメ化される。まず2012年10月20日22時よりTOKYO MXにて、第1話「コンシューム大陸ハード戦争」を放映する。

ニュース
「蒼い世界の中心で」
  • 「蒼い世界の中心で」
  • 「蒼い世界の中心で」
  • 「蒼い世界の中心で」
  • 「蒼い世界の中心で」
ウェブ発のマンガとして熱狂的なファンを持つ『蒼い世界の中心で』が、テレビアニメ化される。まず2012年10月20日22時よりTOKYO MXにて、第1話「コンシューム大陸ハード戦争」を放映する。
本作は全3話、各約30分、予定する。この後は第2話が2013年新春に、第3話が2013年春の完成を目指す。いずれもオンエアを予定、およそ半年で完結する。

『蒼い世界の中心で』は、ウェブマンガで圧倒的な人気を誇るクリムゾンが生み出した作品だ。戦乱の絶えない大陸コンシュームを舞台に、ニンテルド帝国とセグア王国の覇権をめぐる戦争を描く。
作品の特徴は、熱い展開と魅力あるキャラクター、そしてその設定から「最も危険なWEBコミック」と呼ばれることもあるアイディアとストーリーだ。ネットでの作品への累計アクセス数は4000万以上という驚異的な数字を叩き出す。隠れた大ヒット作である。

この作品をマイクロマガジン社が配信サイト「マンガごっちゃ」でも配信、さらに同社が単行本「蒼い世界の中心で完全版」を発刊したことで人気がさらに広がっている。単行本化にあたっては、全ページにわたり大幅な加筆修正を実施、さらにストーリーを再編集するなど作品世界にさらに深みを持たせた。
今回はそれを原作者であるクリムゾン自身が製作総指揮を務めることで、アニメとする。各30分全3話という決して多いとは言えないリリース形態も、製作者自身が深く関わることで採られた形態ともいえる。
ウェブから単行本、そしてアニメと自身の手で広げて行く、『蒼い世界の中心で』の世界の行方はファンならずとも気になるとことだろう。今後のさらなる展開も注目だ。

『蒼い世界の中心で』
原作: クリムゾン、アナスタシア・シェスタコワ (マイクロマガジン社刊)
公式サイト /http://aoisekai.net/anime.html

2012年10月20日(土)第1話放映予定
話約30分、全3話シリーズ
■オンエア予定:
第1話「コンシューム大陸ハード戦争」:2012年10月20日(土)
22:00~TOKYO MXにて放映予定
第2話:2013年新春予定
第3話:2013年春予定


[メインスタッフ]
原作: クリムゾン、アナスタシア・シェスタコワ
製作総指揮: クリムゾン
監督: 柳沢テツヤ
脚本: クリムゾン、扶桑高雄
キャラクターデザイン・総作画監督: 藤井まき
音響監督: 辻谷耕史
音響制作: ダックスプロダクション
アニメーション制作: フィフスアベニュー
プロデュース: エスウッド
協力: マイクロマガジン社 マンガごっちゃ編集部
製作: team クリムゾン

[キャスト]
ギア: 岡本信彦
デジロフ: 下野紘
オパール: 橘田いずみ
ティル: 内山昂輝
ネル: 三森すずこ
ゼリグ: 子安武人
ラムセス: 門田幸子
マルクス: 斧アツシ
ほか

マンガごっちゃ
/http://mangag.com/manga/?p=9806
「蒼い世界の中心で」 WEBサイト
/http://oab.sakura.ne.jp/gia/index.shtml
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集