「よつばと!」が「ジョーズ」とコラボCM スピルバーグ監督公認企画  | アニメ!アニメ!

「よつばと!」が「ジョーズ」とコラボCM スピルバーグ監督公認企画 

ニュース

「よつばと!」×「ジョーズ」
  • 「よつばと!」×「ジョーズ」
  • 『ジョーズ コレクターズ・エディション』
8月22日にBlu-ray Disc『ジョーズ コレクターズ・エディション』が発売される。このコマーシャルに、あずまきよひこさんのベストセラーマンガ『よつばと!』の人気キャラクター“ダンボー”が登場することになった。
意表をついた組み合わせが実現した。スティーヴン・スピルバーグ監督が自身の作品CMに日本のキャラクターの起用を公認したのは、これが初めてのケースである。

『ジョーズ』は、1975年に公開されたパニック・アクション大作。爆発的なヒット作を表す「ブロックバスター映画」という用語を定着させ、若干27歳だったスピルバーグ監督を一躍、時の人とした名作である。
今回のソフト化は、35mmオリジナルフィルムを元に入念な修復作業を実施し、音声は7.1chにミックスアップして収録。さらに4時間におよぶ特典映像を収録した決定版となる。

『よつばと!』は、あずまきよひこさんの人気マンガで、来年に連載10周年を迎える。風変わりな少女、小岩井よつばを主人公に、何気ない日常の機微を繊細なユーモアで描き出し、絶大な支持を得ている。2006年には、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した。
“ダンボー”は、『よつばと!』に登場するダンボール製のロボットで、登場人物の1人が着ぐるみとして動かしているという設定。フィギュアメーカーの海洋堂が立体化して、こちらもロングセラー商品となっている。

今春、ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントのアニメ事業20周年CMに、“ダンボー”が出演したのがきっかけとなり、ユニバーサルを代表する『ジョーズ』とのコラボレーションが実現。日本独自の企画として放送される。
音楽は、リコーダー4人組のユニット「栗コーダーカルテット」が担当した。ユニバーサル映画100周年アルバムで『ジョーズ』のテーマソングをカバーし、『よつばと!』のイメージアルバムの楽曲を手がけている彼らのユーモラスな音楽は、今回のCMにうってつけの人選と言えるだろう。
コラボCMは、8月29日、 BS11「薄桜鬼 黎明録」枠その他でオンエアされる予定である。
[多摩永遠]



『ジョーズ コレクターズ・エディション』
発売: 8月22日発売
価格: 税込 5040円
内容:本編 124分+映像特典 約255分 ブックレット(40P)
音声:英語7.1ch DTS-HD master audio / 日本語5.1chDTS / 英語2.0chモノラル字幕:日本語/英語
カラー 1975年/アメリカ作品発売元:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント


原作「よつばと!」
/http://yotuba.com/
ダンボー×ロンドローブ
/http://www.geneonuniversal.jp/rondorobe/anime/rr20th/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集