実写「映画 ひみつのアッコちゃん」 主題歌はYUKIの新曲「わたしの願い事」 | アニメ!アニメ!

実写「映画 ひみつのアッコちゃん」 主題歌はYUKIの新曲「わたしの願い事」

ニュース 音楽

赤塚不二夫さん原作のマンガ『ひみつのアッコちゃん』が、初めて実写映画化され、2012年9月1日に全国公開となる。
日本中に大ブームを巻き起こした本作の主人公アッコちゃんを演じるのは綾瀬はるかさん、そしてアッコちゃんの憧れの人となる化粧品会社のエリート社員、尚人役は岡田将生さんが起用された。なんとも豪華な2010年代の新しい『ひみつのアッコちゃん』だ。

その話題の映画に、もうひとりビッグネームが加わった。人気のアーティストYUKIだ。今年ソロ・デビュー10周年を迎えるYUKIは、現在、全国ツアー「BEST OF TEN」で活動中だ。7月4日には、横浜の神奈川県民ホールでライブを行った。
この場でYUKIが「秘密の新曲です」と紹介したのが、新曲「わたしの願い事」だ。そしてこの曲が『映画 ひみつのアッコちゃん』の主題歌となることを明らかにした。

YUKIは、「大人って何だろうと思って書いた曲です」と、曲に込めた想いを語る。YUIが「わたしの願い事」を歌い始めると、会場は凛とした空気に包まれ、場内を埋つくしたファンはYUKIの願いが刻まれた歌を一心に聴き入っていた。そのゆるやかなメロディを持ったミディアム・ナンバーには、彼女の人生観と重なり合うかのような意思を持った言葉たちがいくつも並べられている。
歌い終えたると、「初めて歌うから緊張しました」と、ホッとした表情に。そして「私は歌詞に願いや希望を書いています。そこに近づけるように、これからも作品を作り続けたいと思います」とファンに語った。

『映画 ひみつのアッコちゃん』の原作は、1960年代にスタートした。ギャグマンガの大家である赤塚不二夫さんが、少女マンガとして描いた。
発表当初より人気は高く、これまで3度にわたりテレビアニメシリーズが放送されている。魔法のコンパクトを使って誰にでも変身できるというコンセプトは、変身少女ものの原点のひとつ言えるだろう。
2012年は作品誕生から50周年を迎える。記念すべき年に世に届けられる本作は、「テクマクマヤコン」の呪文もそのままにオリジナルストーリーで展開する。アッコちゃんはフィギュアスケーターやCA、バイクレーサー、OL、ナースなどに変身する。ポップでキュートなファッションでおしゃれに仕上げられた映画になる。



YUKIオフシャルHP
/http://www.yukiweb.net/

『映画 ひみつのアッコちゃん』
9月1日(土)全国ロードショー
公式サイト /http://www.akko-chan-movie.com/index.html


出演: 綾瀬はるか、岡田将生ほか   
監督: 川村泰祐
《animeanime》
【注目の記事】[PR]