「月と少年」特別映像 メリダと同時公開決定 米国アカデミー賞ノミネート作品 | アニメ!アニメ!

「月と少年」特別映像 メリダと同時公開決定 米国アカデミー賞ノミネート作品

ニュース

第84回米国アカデミー賞の短編アニメーション部門にノミネートされたピクサーのCGアニメーション『月と少年』(『La Luna』)が、日本の劇場に姿を見せることになった。7月21日に全国公開されるディズニー/ピクサーの『メリダとおそろしの森』と本作の特別映像が同時公開される。
『月と少年』はピクサーのストーリー・アーティストとして活躍するエンリコ・カサローザ監督による作品だ。ピクサーらしいCGキャラクターとファンタジックなストーリーが見どころだ。

『メリダとおそろしの森』の公開にあたっては、すでに短編アニメーション『ニセものバズがやって来た』が同時公開されることが決まっている。『月と少年』はこれにさらに加わることになる。このため今年の夏のディズニー/ピクサーは、長編(『メリダとおそろしの森』)と短編2本(『ニセものバズがやって来た』、『月と少年』)の豪華3作同時公開となる。
通常でも話題が集中するディズニー/ピクサーの新作だが、今回はさらに話題が満載となる。ピクサースタジオのアニメーション表現の多彩さ、豊かさを実感することも出来るだろう。

『月と少年』は、パパとおじいちゃんと初めて一緒に働きに出た少年の物語。仕事のため、3人が夜の海に小舟を浮かべ待っていると、やがて大きな月が昇り、少年の目の前で信じられないことが起こる。
少年はずっと謎だった家業の秘密を知ることになる。今回はそんな少年の成長とその家業を垣間見ることが出来る。

『メリダとおそろしの森』
7/21(土)ロードショー 2D・ディズニーデジタル3D同時公開
配給: ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公式サイト Disney.jp/merida77
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集