アニサマライブ2012開催発表 スーパーアリーナで8月25日・26日に | アニメ!アニメ!

アニサマライブ2012開催発表 スーパーアリーナで8月25日・26日に

イベント・レポート

 2005年から開始された「Animelo Summer Live(アニサマ)」。今年も「Animelo Summer Live 2012 -INFINITY∞-」として、さいたまスーパーアリーナで8月25日と26日に開催される。
 MAGES.は3月23日、文化放送にて記者発表を行った。今回は「INFINITY∞」の通り、アニソンの持つ「無限大の力」、「無限の可能性」をテーマとしている。

 出演は8月25日がAKIKO with bless4、川田まみさん、田村ゆかりさん、May'nさんなど、8月26日が喜多村英梨、栗林みな実さん、GRANDRODEO、茅原実里さんなどとなっている。川田さんと喜多村さんはアニサマ初登場だ。
 そのうち記者会見には栗林さん、田村さん、茅原さん、May'nさん、川田さん、喜多村さんが出席した。

「毎年声をかけて頂いて感謝しています」と栗林さん。「関わってきた作品のためにいいステージが出来たらと思います」。

「私の中で夏の一大イベントだと思っています」と田村さん。「今年の夏もスタッフやお客さんと素敵なイベントが出来たら嬉しいです」。

6回目の茅原さんは、1年でその時の力を試せる場だという。「今年もいいステージをして、みなさんと楽しいライブにしたいです」。

「来てくれるお客さんのパワーが大きくて力をもらっています」とのMay'nさんは2008年から。「無限大の勇気ももらっています。当日は楽しみましょう」。

川田さんは歌い手としての活動が10年という節目でもある。「ここにいるのが不思議です。長く活動していてもこうした新しい出会いがあることに感謝します」。

「アニサマファンだったのですが、この場にいるのが非常に奇跡」と喜多村さん。舞台に経った時の自分が未知数で、喜多村らしいステージに出来たらと述べた。

 また、今までアニサマを牽引してきたJAM Projectと水樹奈々さんが出演しないことも、ある意味サプライズとなった。今回出演しない理由として「新たなアーティストに引き継ぎたい」(JAM Project)、「夏のロングツアーの都合」(水樹奈々)と、それぞれメッセージを寄せていた。

        anisum323.jpg

 当イベントは、日中国交正常化40周年記念事業としての側面も持つ。東アジアにおける日本アニメの人気を踏まえて、アニソンシンガーや声優など、一歩先に進める意図がある。冒頭の挨拶で、文化放送の片寄好之さんは「その期待に答えて行きたい」と語っていた。
 各出演者の挨拶のあと、経産省の須賀千鶴さんが登壇した。「クールジャパン戦略として日本のファンを増やしてブランド力を強める」、「日本が聖地になっていくことなど、国としても応援したい」と須賀さん。
 昨年2月に引き続いて10月27日に上海公演を行う。それに対して須賀さんは「上海には確実にニーズがある」、「日本からも本場の盛り上がり肩を教えにいってほしい」と語った。上海公演の詳細は後日発表になる。こちらにはJAM Projectと水樹奈々さんは出演する。

 一方、5月12日は「SUPER GAMESONG LIVE 2012 -NEW GAME-」をパシフィコ横浜で開催する。こちらにも出演の栗林さんは「出発がPCゲームだったので誘って頂いて感謝しています」とコメントした。
 そして昨年のアニサマの様子を収録したBDとDVDは3月28日に発売。BDとDVDともに9800円。昨年の興奮をもう一度という人にはオススメだ。

 最後の質疑応答。「アニサマは何時が完成形というのはなくて常に進化している。その可能性を求めて海外に出ていった。アニサマのブランドで期待を裏切らないようにしている」とMAGES.の加藤雅彦さん。
 昨年の水木一郎さんやささきいさおさんといったレジェンドから、今年は女性シンガーにしたのも進化の1つだとしている。ゲーソンについても「メーカーの枠を超えて特化したライブをやろうと。LEDを使ったビジュアルなどで趣向を凝らしたい」。
【真狩祐志】

アニメロサマーライブ /http://anisama.tv/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集