「復刻!東映まんがまつり」 DVDの第2期リリースが決定 | アニメ!アニメ!

「復刻!東映まんがまつり」 DVDの第2期リリースが決定

ニュース

1968toei.jpg 昨年10月から発売したDVD「復刻!!東映まんがまつり」は1973年夏、74年夏、75年春、76年春を収録して「当時の子供達」に大好評だった。
 それを受け、第2期として「復刻!東映まんがまつり」のリリースが決定した。高畑勲さん・大塚康生さん・宮崎駿さん・浦田又治さん・森康二さんなど豪華スタッフが結集した『太陽の王子 ホルスの冒険』や『長靴をはいた猫』など長編作品のほか、『ウルトラセブン』、『怪物くん』、『タイガーマスク』、『ひみつのアッコちゃん』、『キン肉マン』、『GU-GUガンモ』など60年代から80年代までの国民的キャラクター特選5興行が勢揃いする。

 封入特典は、縮小復刻パンフレットと8ページの解説書となっている。縮小復刻パンフレットは初回生産限定のみの当時販売されていた劇場パンフレットの縮小版。前回と同様にリアルタイムで劇場で観た世代を直撃。幼い頃の思い出や興奮を追体験できる永久保存版だ。
 今回は7月21日に68年夏、8月10日に69年春、9月21日に70年夏、11月21日に84年夏、12月7日に85年春を順次発売する。各5040円。

 「東映まんがまつり」は、1964年7月に「まんが大行進」として『鉄人28号』や『エイトマン』などテレビシリーズを数本連続上映したことから始まった。興行的な成功から春・夏・冬に定期化されて「東映こどもまつり」、「東映まんがパレード」、「東映ちびっ子まつり」などの名称の後、「東映まんがまつり」に定着した。それは69年春に「長靴をはいた猫」ほか全5本を公開した時だった。さらに90年3月に「東映アニメまつり」、「東映アニメフェア」と名称が変更となり2002年まで続いた。

 当興行は、将来的に長編制作を志向する監督や演出家が経験を積む場ともなっていた。現在『時をかける少女』、『サマーウォーズ』、『おおかみこどもの雨と雪』などで知られる細田守監督も、東映アニメーション時代に『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』を監督するなどしていた。
【真狩祐志】

東映まんがまつり
/http://www.toei-video.co.jp/DVD/sp21/mangamatsuri.html

[収録内容]
■ 復刻!東映まんがまつり 1968年夏
<収録作品>177分(予定)
「太陽の王子 ホルスの大冒険」(82分)
「ウルトラセブン」(25分)【#18「空間 X脱出」ブローアップ】
「魔法使いサリー小さな魔法使い」(25分)【#77「小さな魔法使い」ブローアップ】
「ゲゲゲの鬼太郎」(45分)【#5・6「大海獣(前)(後)」ブローアップ】※モノクロ作品
※1968年夏は、【東映まんがパレード】として興行されておりました

■ 復刻!東映まんがまつり 1969年春
<収録作品>154分(予定)
「長靴をはいた猫」(80分)
「チャコとケンちゃん」(25分) ※モノクロ作品
「怪物くん」(25分)~#22A「砂魔人をやっつけろの巻」、【#3B「怪物くんとハニワ怪人の巻」ブローアップ】
※モノクロ作品
「ひみつのアッコちゃんサーカス団がやってきた」(24分)【#3「サーカス団がやってきた」ブローアップ】
「ひとりぼっち」(25分)★初 DVD化

■ 復刻!東映まんがまつり 1970年夏
<収録作品>186分(予定)
「海底 3万マイル」(60分)
「タイガーマスクふく面リーグ戦」(54分)【#23~26再編集ブローアップ】
「柔道一直線」(24分) 【#18「勝て!勝て!勝て!」ブローアップ】
「ひみつのアッコちゃん涙の回転レシーブ」(24分)【#77「涙の回転レシーブ」ブローアップ】
「もーれつア太郎 ニャロメの子守歌」(24分)【#63「ニャロメの子守歌」ブローアップ】※モノクロ作品

■ 復刻!東映まんがまつり 1984年夏
<収録作品> 141分(予定)
「超電子バイオマン」(45分)
「キン肉マン」(48分)
「宇宙刑事シャイダー」(24分)
「THEかぼちゃワイン二夕の愛情物語」(24分)★初 DVD化

■ 復刻!東映まんがまつり 1985年春
<収録作品> 130分(予定)
「キン肉マン正義超人 VS古代超人」(45分)
「GU-GUガンモ」(45分)★初 DVD化
「電撃戦隊チェンジマン」(24分)
「とんがり帽子のメモル」(16分)【#24・25再編集ブローアップ】
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集