公開まであと半年 「ダークナイト ライジング」の敵の姿が初公開 | アニメ!アニメ!

公開まであと半年 「ダークナイト ライジング」の敵の姿が初公開

空前の大ヒットを巻き起こしたクリストファー・ノーラン監督のダークナイト3部作、その最後を飾る『ダークナイト ライジング』が7月28日に国内劇場公開される。

ニュース
 空前の大ヒットを巻き起こしたクリストファー・ノーラン監督のダークナイト3部作、その最後を飾る『ダークナイト ライジング』が7月28日に国内劇場公開される。公開までおよそ半年に迫る中で、既に世界各国で映画への期待が大きな盛り上がりを見せている。
 2011年暮れに公開された予告映像第2弾は、わずか24時間でiTunes で1250万件ものダウンロード数を記録した。これはiTunesでの史上最高記録にあたる。また米国で早くも売り出されたミッドナイト先行上映チケットは、IMAX上映の主要劇場で開始直後に売り切れる人気状態だ。

 そんな本作で注目されているのが、ジョーカーを凌ぐ知能を持つとして登場する敵ベインである。「最凶の敵」として描かれることになる。
 原作でのベインは、6つの言語と、2つの失われた言語を扱い、瞬間記憶能力も身に着ける。さらに強靭な肉体を持つキャラクターだ。徹底的なリアリズムを追及するノーラン監督が、このベインをどう描くのかも『ダークナイト ライジング』の見どころだろう。

 そんな映画のベインの最新ビジュアルが、このほど初公開された。手下を従えたベインは戦闘服姿で、地方検事ハービー・デントの写真を掲げる。
 ベイン役を演じるのは、トム・ハーディである。映画には、主人公バットマン/ブルース・ウェイン役としてクリスチャン・ベールが出演する。キャット・ウーマン/セリーナ・カイル役にアン・ハサウェイ、さらにマイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン、マリオン・コティアール、ジョセフ・ゴードン=レヴィットと豪華キャストが並ぶ。トム・ハーディの演技とあわせて期待される。
 
『ダークナイト ライジング』
7月28日(土)より丸の内ピカデリー他 全国ロードショー
/http://www.darkknightrising.jp
ワーナー・ブラザース映画配給

       darknight214.jpg
(c)2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集