歌舞伎町「Re:animation」3たび 5月3日にアニメとクラブが融合 | アニメ!アニメ!

歌舞伎町「Re:animation」3たび 5月3日にアニメとクラブが融合

2010年12月、2011年7月と2度にわたり開催された音楽プロジェクトRe:animationが、よりパワーアップして戻って来る。5月3日に

ニュース
REANIIMATION.jpg 2010年12月、2011年7月と2度にわたり開催された音楽プロジェクトRe:animationが、よりパワーアップして戻って来る。5月3日に東京・歌舞伎町のシネシティ広場、新宿ロフトのふたつを会場に、「Re:animation –Rave In 新宿歌舞伎町- Vol.3」が開催される。
 第1回から掲げるアニメ文化とクラブミュージック文化の融合、超都市型音楽フェスティバルは今回も健在だ。歌舞伎町という会場も相まって、クロスカルチャーな刺激的なイベントになりそうだ。

 Re:animationは、もともとアニメ作品をきっかけに集まったメンバーの企画からスタートした。アニメ音楽とクラブミュージックをコンセプトにしたDJイベントで、アニメ音楽のほか、TECHNOやHOUSEなども取り上げる。
 前回、2011年7月17日のRe:animation2ではシネシティ広場の会場に1309人が来場した。Ustreamを通じたインターネット生中継では2200人を越えるユーザーが同時視聴した。Ustream瞬間視聴者数で世界一位を記録するなどの成功を収めた。
 一方で、シネシティ広場を満員のため入場規制としたことから、今回は新宿ロフトを会場に追加した。より多くのファンの対応を可能とする。
 また、イベントは歌舞伎町地区の地域活性化にも協力する。イベントを通じてアニメやクラブミュージックの文化に対する理解を広げる。

 イベントのスタートは12時、20時の終了を予定する。入場料はシネシティ広場、新宿ロフトの2会場共通で2500円となる。
 このほかRe:animationでは、持続可能なイベント運営体制を構築するための個人の少額出資による支援も募集している。クリエイター・プロジェクト支援システムCAMPFIREを活用し、イベント資金を支援する賛同者を求めている。支援をすると当日の優先入場パスなどが提供される予定だ。募集受付は2月11日から3月23日までを予定している。詳しくは、CAMPFIREの募集ページで確認出来る。

Re:animation –Rave In 新宿歌舞伎町- Vol.3
/http://reanimation.jp/
2011年5月3日(木・祝) START 12:00 / END 20:00(予定)
会場
屋外会場: 新宿歌舞伎町 シネシティ広場(旧コマ劇場前)
屋内会場: ライブハウス「新宿ロフト」
入場料: 2,500円(「シネシティ広場」「新宿ロフト」二会場共通)
主催: Re:animation
共催: 歌舞伎町タウン・マネージメント
後援: 新宿区/歌舞伎町商店振興組合
小雨決行。雨天の際には、屋内会場「新宿ロフト」のみの開催を予定。

CAMPFIRE
/http://camp-fire.jp/projects/view/167

       REANIMATIONILLST.jpg
        イラスト:奥村正志、倉島亜由美

出演DJ・VJ(第一弾発表)
Toby (Iya-sync)
SEKITOVA (ceramicrecods / Maltine Records)
akinyan electro (Marginal Rec.)
#SkirtDISCO (BEATNIK / Haneru / MarginalRec.)
Strada (TELEXISTENCE / MARS Tracks / CC*=Style)
Pandora (Harderground Recordings / Redux Recordings / Silent Shore Records)
後藤王様 (後藤王国 / ClubLovers / AnisonIndex)
hide from sendai
L-eye (AVSS / cheese cake / アニゲのん!)
RawLight
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集