NHK ファイ・ブレイン2期やナディア再放送等 春アニメ発表 | アニメ!アニメ!

NHK ファイ・ブレイン2期やナディア再放送等 春アニメ発表

ニュース

 NHKは、本年4月からのアニメ番組編成の一部を1月28日に明らかにした。まず、大きなニュースは、現在NHK Eテレで毎週日曜日17時半より放映している『ファイ・ブレイン~神様のパズル~』の第2シリーズ制作決定である。本作は2011年10月よりスタート、当初は2クール半年間の放送を予定していた。
 第2シリーズは4月8日より放映開始を予定、第1シリーズの終了と共に、そのまま新たなシリーズに続く。少年向けの新たなロングランアニメとなる。

 第2シリーズでは、主人公・カイトの前に新たな敵が出現する。「オルペウスの腕輪」と「ファイ・ブレイン」の謎を巡るパズルバトルがますますヒートアップするという。
 また、4月からはアニメ放映後に、パズルで遊べるミニ番組を放送する。本作はこれまでもデータ放送を通じたパズルゲームを配信してきた。本作の特徴であるパズルとの連動、パズルの楽しさなどがさらに充実して発信される。

 4月7日からは、1990年から1991年にNHKで放映された人気アニメ『ふしぎの海のナディア』が再放送される。本作は『新世紀エヴァンゲリオン』などで知られるガイナックスの代表作である。総監督に庵野秀明さん、監督に『日本沈没』などの樋口真嗣さん、キャラクターデザインは『サマーウォーズ』などの貞本義行さんと現代の映像界を代表する才能が数多く参加する名作である。
 放映時間は毎週土曜日の17時55分からとなる。放映にあたっては新たにデジタルリマスター版とするが、週末のゴールデンタイムに20年以上前のアニメを再放送する近年にない動きだ。傑作アニメを新しい世代に伝え、長く愛しされるようにするために大きな役割を果たしそうだ。

 さらにEテレでは、海外のCGアニメーション『きかんしゃトーマス』のテレビシリーズを4月から放映する。こちらは毎週日曜日7時から7時20分と朝の時間になる。
 イギリスのウィルバート・オードリー牧師が生み出した物語が、最新のCGアニメーションで映像化されているのが見どころだ。子どもたちを中心に人気を集めることになるだろう。

NHK アニメワールド /http://www9.nhk.or.jp/anime/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集