「ファンタジーと寓話的音楽」テーマにロック・フェス FFの植松氏ら | アニメ!アニメ!

「ファンタジーと寓話的音楽」テーマにロック・フェス FFの植松氏ら

ニュース

ftasmusic.jpg 昨年9月17日と18日、川崎のクラブチッタで初開催されたゲーム・アニメ・映画音楽の一大イベントのファンタジー・ロック・フェスが帰ってくる。3月17日と18日に、第2回ファンタジー・ロック・フェスが開催される。
 ファンタジー・ロック・フェスは、ゲーム、アニメ、映画等、架空世界で奏でられるファンタジー溢れる音楽とプログレッシヴ・ロックの出会いを目指している。

 そのコンセプトの由来は、ビートルズが1967年にリリースした「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の架空のバンドによるアルバムにある。日本において、架空のバンドが手がけたアルバムという趣向が受け継がれていったのは、ゲームやアニメーションの分野であったとの考え方によるものだ。そして、ゲーム音楽、アニメ音楽、そして舞台を彩る音楽のクリエイター達が、日本が世界に誇るアーティストたちであるという。
 ファンタジー・ロック・フェスティバルでは、全世界でも著名なゲームやアニメーション音楽のクリエイターや作曲家が自らのバンドで、これまでのゲームやアニメーションの名作のほか、自身の原点とも言えるプログレッシヴな楽曲を演奏する。

 前回は「ゲーム・ミュージックとプログレッシヴ・ロックの邂逅」と題して開催された。今回は「ファンタジーと寓話的音楽」となる。
 出演者は、前回に引き続いて参加の植松伸夫さんや谷山浩子さんなど6組となる。植松さんはスクウェア・エニックスのゲーム『ファイナルファンタジー』シリーズで知られる。谷山さんは、みんなのうたの「まっくら森の歌」の歌手としても親しまれてきたほか、最近ではアニメーション映画『コクリコ坂から』の挿入歌も提供している。
 第2回ファンタジー・ロック・フェスは、3月17日と18日に開催。会場は前回と同じ川崎のクラブチッタで開場は16時から(開演17時)。入場料は前売り7000円(全席指定600席、ドリンク代別500円)。チケットは1月21日から発売開始となる。
【真狩祐志】

ファンタジー・ロック・フェス /http://clubcitta.co.jp/001/fantasy-rock-fes-2012/

[出演者]
植松伸夫 EARTHBOUND PAPAS
坂本英城
浜渦正志 IMERUAT
谷山浩子
Special Guest 霜月はるか

CLUB CITTA’ PRESENTS
開催日: 2012年3月17日(土)、18日(日) 
開場/開演: 両日とも 開場16:00 開演 17:00
会場: 川崎CLUB CITTA'
入場料: 前売り 7000円(税込)、全席指定(各日限定600席)、
別途ドリンク代500円が必要。
CLUB CITTA'ホームページ受付 /http://clubcitta.co.jp/ticket.html
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集