謎のユニットさよならポニーテール マンガ同人誌でCOMITIA参加 | アニメ!アニメ!

謎のユニットさよならポニーテール マンガ同人誌でCOMITIA参加

ニュース

sayonaraponny.jpg 2011年10月に、音楽アーティスト、そしてマンガ家として同時デビューした謎のユニット さよならポニーテールが、自主制作のマンガ誌「ジオラマ」に参加する。「ジオラマ」は、第15回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞の西村ツチカさん、error403さん、澤部渡(スカート)さんなど新進気鋭の作家が参加するオムニバス誌。創刊号が大きな注目を集めた。今回が第2号となる。
 「ジオラマ」は、2月5日には自主制作、オリジナルの作品を集めた自主制作マンガイベントCOMITIA+コミティアX-にて販売する。さらにその後は、ウェブや店舗販売も予定する。

 さよならポニーテールは、みぃな、なっちゃん、あゆみんの3人の女の子たちを中心に活動するグループである。昨年10月に、アルバム「魔法のメロディ」とマンガ短編集「きみのことば」でデビューした。
 音楽とマンガのふたつの分野で活躍する異色の存在である。音楽ではどこか懐かしいのに新鮮に響くサウンドなどが特徴、そしてマンガでは可愛らしく不思議な絵柄で描かれたキャラクターが人気を呼んでいる。

 また、その音楽活動の方法もユニークだ。これまでに一度もLIVEを行わず、MySpace、そしてTwitterといったソーシャルメディアでの活動している。その実態が謎に包まれている。
 今回は、自主制作マンガのメッカCOMITIAで、その作品をまず披露するかたちとなる。今後も、どんなかたちで活躍するのか気になる存在だ。

さよならポニーテール
Myspace  /http://www.myspace.com/sayonaraponytail
Twitter /http://twitter.com/sayopony

[CD]
さよならポニーテールデビューアルバム
『魔法のメロディ』



『ジオラマ』第二号
2012年2月5日(日)発売184ページ / A5判
価格: 950円(税込)
販売場所:コミティア99(スペースNo.あ08b)
WEB通販、実店舗で販売予定
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集