今年で第5回 マンガ大賞2012が選考スタート | アニメ!アニメ!

今年で第5回 マンガ大賞2012が選考スタート

ニュース

 「今、一番友達に勧めたいマンガ」をコンセプトに掲げ、最新のマンガから最も面白いマンガを選び出すマンガ大賞が今年も開催される。マンガ大賞実行委員会は、2012年の年明けと伴に公式サイトの新情報更新をスタート、選考スケジュールを発表した。

 まず、1月1日に選考をスタートし、1月13日に選考を締め切る。一次選考では、2011年1月1日から12月31日までに発売された単行本のうち8巻以内の作品を対象とする。選考委員が最大5作品までを投票する。この上位10作品を1次選考通過作品として、1月16日に発表する。
 さらに2次選考では、全選考員が候補10作品うぃ呼んだうえで、1位、2位、3位を決定。それぞれにポイントを与えて、ポイントが最も大きかった作品がマンガ大賞に決まる。3月下旬に都内で授賞式を開催、会場で受賞作品が発表される。

 マンガ大賞はスタートから今回で5回目と歴史は浅いが、その受賞結果は大きな注目を集めるようになっている。短期間でこれほど関心が高まった理由はふたつだ。
 ひとつはそのコンセプトのユニークさだ。単行本発売8巻までに対象を絞ることで、まだ評価の定まらない新しい作品を取り上げる。さらに作家やマンガ編集者を審査員にもたず、様々な場所で活躍するマンガ好きが選ぶようにしたことだ。ほかの賞とは違う異彩を放つ。

 こうしたかたちで選ばれた作品が、その後、大きな話題を呼ぶことが多く、選考の確かさに信頼が集まる。第1回は『岳』(石塚真一)、第2回は『ちはやふる』(末次由紀)、第3回は『テルマエ・ロマエ』(ヤマザキマリ)、第4回は『3月のライオン』(羽海野チカ)である。
 このうち『岳』は実写映画、『ちはやふる』はテレビアニメ、『テルマエ・ロマエ』は実写映画とテレビアニメとなるのなど、映画関係者、アニメ関係者にも見逃せない賞と言っていいだろう。

マンガ大賞2012
/http://www.mangataisho.com/

        mangataishou2.JPG
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集