ノイタミナ放映「テルマエ・ロマエ」制作にDLE FROGMANも参加 | アニメ!アニメ!

ノイタミナ放映「テルマエ・ロマエ」制作にDLE FROGMANも参加

ニュース

 年明け1月12日よりフジテレビ「ノイタミナ」などで放映開始するアニメ『テルマエ・ロマエ』の制作スタッフの一部が明らかにされた。ノイタミナ枠初となるDLEがアニメ制作を担当、監督はアニメ『ピューと吹く!ジャガー』や『ほんとにあった!霊媒先生』などで知られる谷東さんが務める。また、『秘密結社鷹の爪』など数々のヒット作を生み出してきたFROGMANさんがエグゼクティブディレクターに起用される。
 12月16日には、番組のティザーサイトで特報ムービーの公開も始まった。DLEらしいユーモアに溢れた独特のタッチが映像となり公開されている。

 アニメ制作のDLEは、2001年に設立された新興の映像・アニメ会社である。『秘密結社 鷹の爪』や『菅井君と家族石』など数々のヒット作を生み出している。また、最近は「島耕作シリーズ」のゆるいアニメ化『週刊シマコー』などで話題を呼んでいる。
 同社の作品の多くは、Flashなどの技術を多用した低予算の制作により実現している。アニメ『テルマエ・ロマエ』でも、アイディア重視の体制となりそうだ。
 一方で、「ノイタミナ」枠は、これまで制作予算を厚く取った映像クオリティーを売りにした作品が多かった。実際に、同じ枠で2月から放映がスタートする『ブラックロックシューター』はそうした作品とみられる。『テルマエ・ロマエ』は、それらとは対照的な存在になるだろう。

 『テルマエ・ロマエ』は、すでにシリーズ全3回とこれまでの1クール、2クールのノイタミナ作品とかなり違ったかたちになることが発表されている。同様にアニメ制作でも、これまでにないものを目指す。
 「ノイタミナ」は番組枠の一時間化やオリジナル作品の拡大、新しいテーマ性など、過去2年間、様々な挑戦をしてきた。DLE制作の『テルマエ・ロマエ』も、そんなひとつと言えるだろう。

『テルマエ・ロマエ』
2012年1月12日より毎週木曜24時45分~(全3回)
フジテレビ「ノイタミナ」、フジテレビ系列15局、BSフジで放送
/http://www.thermae-anime.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集