加藤久仁生展 2012年2月に八王子市夢美術館で | アニメ!アニメ!

加藤久仁生展 2012年2月に八王子市夢美術館で

ニュース

 日本を代表するアニメーション作家である加藤久仁生さんの作品世界を紹介する展覧会が、2012年2月10日から3月25日まで東京・八王子市夢美術館で開催される。現在、青森県・十和田湖市現在美術館で開催されているものの巡回展となる。
 加藤さんの代表作『つみきのいえ』にスポットを当て、アニメーションの制作資料や同名の絵本の絵本原画を展示する。制作過程を知ることで、作品への理解を深める。

 加藤久仁生さんは、映像制作会社のロボットに所属する。同社は、テレビコマーシャルや映画・ドラマ番組、ミュージックビデオなど幅広いジャンルで制作する。一方、ロボットのもうひとつ顔に短編アニメーションの制作がある。『つみきのいえ』はそうしたなかから2008年に生まれた作品である。
 詩情豊かな映像と誰もが引き込まれる物語、その中から生まれる感動から多くの人から共感を呼んだ。作品はアヌシー国際アニメーション映画祭の短編アニメーション部門のグランプリ、米国アカデミー賞短編アニメーション部門受賞と世界的な評価を受けるなど大きなムーブメントを生みだしている。

 展覧会では、作品が生まれるきっかけになったスケッチ、絵コンテを展示する。さらに今回は、絵本版の『つみきのいえ』の原画など関連資料、絵本雑誌 MOEで連載中の「あとがき」の原画などを披露する。全部で100点以上が会場に並ぶ。
 会期中は新作短編アニメーション『情景』も上映する。さらにギャラリートークや『つみきのいえ』の音楽を担当した近藤研二さんのコンサートも予定する。詳しくは、美術館の公式サイトに情報が掲載される。

八王子市夢美術館 /http://www.yumebi.com/

加藤久仁生展 
2012年2月10日~3月25日
観覧料: 一般500円(団体400円)、小学生以上の学生・65歳以上250円(200円)
主催: 財団法人八王子市学園都市文化ふれあい財団、朝日新聞
企画協力: ロボット
協力: 白泉社
後援: 日本アニメーション協会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集