ニトロプラスの「すーぱーそに子」 公認アンソロジー発売 | アニメ!アニメ!

ニトロプラスの「すーぱーそに子」 公認アンソロジー発売

ニュース

sonikobooks.jpg ニトロプラスのマスコットガール「すーぱーそに子」の公認アンソロジー「アース・スター コミックス すーぱーそに子」が、11月28日に発売された。キュートでセクシーな そに子をコンセプトに、豪華作家陣20名近くが自由に創作する。
 すーぱーそに子は、ニトロプラスをアピールするマスコットガール。津路参汰さんがキャラクターデザインを手がけた。ニトロプラスは数々の人気PCゲームを生み出しサブカルチャー業界で注目される存在だが、そに子を通して会社のイメージを伝えている。

 ただし、その人気は単なるマスコットガールの枠組みを大きく超えている。フイギュアやグッズは勿論、11月25日には、そに子が主演するPCゲーム『ソニコミ』がWindows対応ソフトが発売されている。その活躍の場は広がる一方だ。
 『ソニコミ』のゲーム開発は、ニトロプラス自身が行う。ゲームは全年齢向けで、キャラクターの魅力を幅広いファンに向けて発信する。

 「アース・スター コミックス すーぱーそに子」も、そんな展開のひとつ。ただしこちらは、そに子の豊満なボディを堪能出来る作品が多く、大人向け。ニトロプラスのキャラクターならではの大胆な表現も売りとなりそうだ。
 表紙は『ソニコミ』の3D制作を担当したオガタガクオ(ポリゴン番長)が、水着姿で見つめる そに子を描き下ろした。さらに執筆陣には山崎かずま、宮元一佐をはじめとする すーぱーそに子を愛してやまない豪華作家が集結する。かなり見応えのある一冊となるだろう。価格は税込み945円
画像: (c)2006-2011 Nitroplus

アース・スター コミックス すーぱーそに子
2011 年11 月28 日(月)発売
定価: 税込945円  発行: アース・スター エンターテイメント 

表紙イラスト: オガタガクオ(ポリゴン番長)
[執筆陣]
山崎かずま、宮元一佐、広輪凪、天空太一、八十八騎、村西哲忠、楠見らんま、唄、URAN、Zinno、とく村長、あめえばらいふ、凪妖女、おこさまランチ、由河朝巳、荒木風羽、内村かなめ、矢井有好

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集