「魔法少女まどか☆マギカ」が劇場に プロジェクト始動開始 | アニメ!アニメ!

「魔法少女まどか☆マギカ」が劇場に プロジェクト始動開始

『魔法少女まどか☆マギカ』が劇場映画となる。11月10日に、公式サイトにて「劇場プロジェクト始動」として発表された。

ニュース
 2011年1月から4月までテレビ放映されて以来、大きな話題を巻き起こしているアニメシリーズ『魔法少女まどか☆マギカ』が劇場映画となる。11月10日に、公式サイトにて「劇場プロジェクト始動」として発表された。
 また、同日発売のアニメ雑誌「Newtype 12月号」(角川書店)では、劇場プロジェクト始動の特集記事を掲載さている。雑誌の掲載とタイミングを合わせての発表となる。「Newtype 12月号」には、同作の新房昭之監督、キャラクター原案・蒼樹うめさん、脚本・虚淵玄さん、岩上敦宏プロデューサーの対談などにより詳細を伝える。

 同誌によれば、劇場版はテレビシリーズの再編集版2本と完全新作1本の3本から構成されるという。公開時期やリリース形式は明らかにされていないが、かなり大掛かりなプロジェクトとなるようだ。ファンの期待もかなり高まりそうだ。

 『魔法少女まどか☆マギカ』は、アニメ制作シャフト、新房昭之監督、蒼樹うめさん、虚淵玄さんといったヒットメーカーが並ぶ話題作である。しかし、作品が大きく注目されるようになったのは、テレビ放映開始後である。
 蒼樹うめさんのかわいい少女キャラクターに、容赦のないストーリー、多重構造の物語などが視聴者に驚きを与えた。1クール全12話と比較的短いシリーズではあるが、物語の読み解きなども活発に行われている。その特異性もあり、エポックメイキングな作品、2010年代の日本アニメの代表作のひとつになりそうだ。
 劇場プロジェクトの始動は、こうした現在の盛り上がりを引き継ぐ。作品が、今後さらに大きな存在に広がって行くことになるそうだ。

『魔法少女まどか☆マギカ』 公式サイト
/http://www.madoka-magica.com/

  
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

特集