トリウッド 今年も世界のアニメーション特集 11月26日から | アニメ!アニメ!

トリウッド 今年も世界のアニメーション特集 11月26日から

短編作品を中心に上映する映画館トリウッドは、今年も世界の短編アニメーションを紹介する特集上映を行う。11月26日から12月25日までの1ヶ月間

ニュース
 短編作品を中心に上映する映画館トリウッドは、今年も世界の短編アニメーションを紹介する特集上映を行う。11月26日から12月25日までの1ヶ月間「世界のアニメーションシアター WAT 2011」を開催する。
 トリッドは普段から短編アニメーションに力を入れているが、WATではテーマを設けることで、通常では観る機会の少ない作品をまとめて紹介する。若手作家から巨匠の新作まで、ラインナップの広さが特徴である。

 2011年は3プログラムから構成される。プログラムAでは、フランスのテレビ局フランス3で高視聴率を記録したフォリマージュ・スタジオのパペットアニメーション「レオンとメリー」のより2作品をピックアップした。
 プログラムBは、ヨーロッパの短編アニメーションが中心となる。国際映画祭の受賞作や海外のアニメーション学校の学生作品が並ぶ。2D、フルCG、ストップモーション、ドローイングなど多様な表現方法も見どころだ。

 さらに今年は、日本の若手作品の上映も行う。Cプログラムは、CGアニメーションの国別対抗戦CGアニメカップの日本代表作品の選別作品集を上映する。こちらは山本蒼美さんの『セカイ系セカイ論』など9作品である。また、12月4日にはCGアニカップのプロデューサでDoGA代表の鎌田優さんのトークショーも予定する。

 WATは2000年にスタートし、今年で11年目を迎える。世界の短編アニメーションの普及に大きな役割を果たしてきた。昨年上映された『パパ、ママをぶたないで!』(上映タイトル『アングリーマン~怒る男~』)が国内でDVD化されるなど、様々な成果も生み出している。
 上映プログラムはいずれも1時間程度、料金も一般、学生共通で1000円と手頃だ。複数プログラムを組み合わせた割引価格もある。時間の余裕が出来た時に、足を伸ばしてみてはどうだろうか。
 
世界のアニメーションシアター WAT2011
Worldwide Animation Theater - WAT 2011

/http://homepage1.nifty.com/tollywood/

プログラムA 「レオンとメリー」より、『冬のレオン』、『春のメリー』2作品(54
プログラムB 世界の新作短編アニメーション集 6作品(47分)
プログラムC CGアニカップ日本代表作品集 9作品(60分)

2011年11月26日(土)~12月25日(日)
料金: 
1プログラム 一般・学生(共通)1000円
2プログラム 一般1500 円 学生1300
3プログラム 一般2000 円 学生1600円
中学生以下 500円(1プログラム)
*詳細は公式サイトで確認ください。

[上映作品]
■ プログラムA
「レオンとメリー」シリーズより 2 作品(54分)
『冬のレオン』 監督: ピエールリュック・グランジョン、パスカル・ルノートル
『春のメリー』 監督: ピエールリュック・グランジョン

■ プログラムB
世界の新作短編アニメーション集6作品(47分)
『ノルウェー最後のトロール』 監督: ピョートル・サペギン
『視線を逸らして』 監督: チェン・チェン
『サムシングレフト・サムシングテイクン』 監督: 桑畑かほる、マックス・ポーター
『テレグラフィックス』 
監督: アントワーヌ・デゥラシャルレ、レナ・シュネデル、レオポルド・パラン、トマ・ティボー
『ライオンになりたかった少年』 監督: アロイズ・ディリャオ
『早いの、遅いの』 監督: ヤドヴィガ・コバルスカ
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

特集