月刊「ヒーローズ」セブン-イレブン独占販売 創刊巻頭「ULTRAMAN」 | アニメ!アニメ!

月刊「ヒーローズ」セブン-イレブン独占販売 創刊巻頭「ULTRAMAN」

月刊マンガ誌「ヒーローズ」が、11月1日に創刊となる。「ヒーローズ」は、ヒーローをテーマとしたアクション満載の総合マンガ誌で

ニュース
 株式会社ヒーローズによる月刊マンガ誌「ヒーローズ」が、11月1日に創刊となる。「ヒーローズ」は、ヒーローをテーマとしたアクション満載の総合マンガ誌で、“未来形コミック”をキャッチフレーズに新たなマンガビジネスを目指す。
 ひとつの作品に複数の才能を活用するスタジオ方式の導入や、本誌にプラス、ウェブサイトの活用をする。公式ウェブサイトでは、作品に連動するコンテンツを楽しめる。

 創刊日に注目されるのは、セブン-イレブン・ジャパンの協力を得た販売網だろう。同誌はセブン-イレブンが初めて行う月刊マンガ誌の独占販売商品となる。販売網は限定されることになるが、全国約13600店舗のセブン-イレブンとセブンネットショッピングによるプロモーションは、新創刊の大きな力になるに違いない。

 その創刊号のラインナップには、話題性の高い作品をぶつけてきた。巻頭を飾るのは、人気特撮番組として長年愛され続けてきた『ウルトラマン』のその後を描いた『ULTRAMAN』である。本作は、『鉄のラインバレル』の著者である清水栄一さんと下口智裕さんが科学特捜隊のハヤタ隊員の息子を主人公にこれまでになかった物語を描く。
 このほか人気作家が多数参加するマンガ8作品を掲載。さらにAKB48のメンバー大島優子、柏木由紀、小嶋陽菜のコスプレ生写真を特典とする。

 第2号からは『GTO』の藤沢とおるさんがプロデュースする作品『ソウルリヴァイヴァー』の連載も発表された。一度死んで生き返った者たちが、死者の魂をあの世から救済するというアクションファンタジーになる。原作・監修を藤沢とおるさん、作画を秋重学さんが担当する。
 さらに昔話「桃太郎」を斬新な解釈で現代に蘇らせる美鬼神伝説『MOMO』も加わる。愛を知らない少女MOMOとひ弱な草食系少年「タロウ」が、様々な試練をくぐり抜け成長していく。脚本を小林雄次さん、作画をZ-ONEさんが手がける。

月刊『ヒーローズ』
/http://www.heros-web.com
創刊日: 2011年11月1日(火)
毎月1回刊行  B5判  約460ページ
販売店舗:
全国のセブン-イレブン(約13600店舗)、セブンネットショッピング
販売価格: 200円(税込)
*次号以降は、価格が変更になる場合あり
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集