プラモ150万個突破「ダンボール戦機」 データカードダスに投入 | アニメ!アニメ!

プラモ150万個突破「ダンボール戦機」 データカードダスに投入

ニュース

 ゲーム、テレビアニメも大人気の『ダンボール戦機』が、デジタルカード対戦ゲーム「データカードダス」に登場する。玩具会社のバンダイとレベルファイブが「データカードダス ダンボール戦機」を共同開発し、11月下旬より全国で稼動を開始する。
 価格は1プレイ(カード1枚)100円と2プレイ(カード2枚)200円となる。10歳から12歳の男児をターゲットとする。玩具店や量販店の玩具売場、アミューズメント施設などで展開する。
 10月15日、16日に東京ビッグサイトで開催される「LEVEL5 WORLD 2011」にいち早く出展される。試遊のほか、プロモーションカード「アキレス」が配布される予定だ。

 『ダンボール戦機』はレベルファイブが制作・発売するPSP専用ゲームソフトだ。2011年3月からはテレビアニメもスタート、さらに「月刊コロコロコミック」(小学館)にマンガ連載とクロスメディア進む一大ブランドである。
 作品に登場するLBXと呼ばれるロボットのプラモデルは、2011年2月の発売以来9月末までに150万個を超える大ヒットとなった。これにデジタルカードゲームが新たに加わることになる。
 
 「データカードダス」は、デジタルデータとカードゲームを融合させたエンタテインメントである。2005年の発売以来の累計販売枚数は約10億4000万枚にもなる。
 『ドラゴンボールZ』や『プリキュア』シリーズ、『ワンピース』、『仮面ライダー』シリーズなどが商品化されている。いずれも人気シリーズだけに、『ダンボール戦機』にかける期待も大きそうだ。
 
 ゲーム化にあたっては、レベルファイブがゲーム開発におけるキャラクターデータを提供、さらに同社とバンダイがゲーム部分の共同開発をした。今後は、マーケティングでも両社が連携するという。
 「データカードダス」のビジネス面で、新たな取り組みとなっている。ゲームやアニメのマンガなどとの緊密な連動が目指されている。

    danbollseniki.jpg
     (c)L5/PDS・TX ©BANDAI 2011 (c)LEVEL-5 Inc.

データカードダス ダンボール戦機
/http://www.carddas.com/dcd-lbx
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集