1万組の頂点に14歳の少女 第5回アニソングランプリ優勝者決定 | アニメ!アニメ!

1万組の頂点に14歳の少女 第5回アニソングランプリ優勝者決定

応募総数1万223組という過去最高の激戦を勝ち抜いたのは、現在14歳の鈴木このみさんである。鈴木さんは、ファーストステージで『マクロスF』から

イベント・レポート
anison20111.JPG 優勝すればそのままアニソンのプロデビュー、そんなビッグなオーディションイベンとしてアニソングランプリは開催当初より話題を呼び続けてきた。そして10月9日には、その5人目となる優勝者が東京・竹芝のニューピアホールで誕生した。
 応募総数1万223組という過去最高の激戦を勝ち抜いたのは、現在14歳の鈴木このみさんである。鈴木さんは、ファーストステージで『マクロスF』から「ノーザンクロス」を歌いあげ、セカンドステージでは同じ番組からの「ダイアモンドクレバス」を自身を表現する曲に選んだ。そして、ファイナルステージでは、『創聖のアクエリオン』の「創聖のアクエリオン」を熱唱、いずれもパワフルな歌唱で審査員を圧倒し、見事栄冠に輝いた。

 「アニマックス第5回全日本アニソングランプリsupported by ひかりTV」は、アニメ専門チャンネルの大手アニマックスが主催する。これまでの優勝者からは、喜多修平さん、HIMEKAさん、佐咲紗花さん、河野マリナさんといったアーティストを輩出している。優勝者以外のファイナリストからもデビューが相次いでおり、アニソンアーティストの登竜門となっている。
 10月9日のステージにはこれまでの優勝者も揃い、そのステージを披露した。また司会として東貴博さん、喜屋武ちあきさんが登場、さらに大会委員長を水木一郎さんが務めるなど華やかものとなった。

 優勝した鈴木このみさんは、アニソングランプリの歴代優勝者の中では最年少、その将来性が評価されたと言っていいだろう。鈴木このみさんは、今後2012年にアニマックスで放送する新作アニメの主題歌でプロデビューすることになる。
 来年には、自身の曲を歌う鈴木の歌声を再び聴くことになるだろう。

       anison20112.jpg

アニマックス第5回全日本アニソングランプリsupported by ひかりTV
/http://anigp.animax.co.jp/index.html
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集