アニメ「咲-Saki-」再び 阿知賀編の来春放映が決定 | アニメ!アニメ!

アニメ「咲-Saki-」再び 阿知賀編の来春放映が決定

「ヤングガンガン」(スクウェアエニックス)に連載、2009年にテレビアニメ化もされ人気となった『咲-Saki-』が新たなかたちでテレビに帰って来る。

ニュース
saki2012haru.JPG 「ヤングガンガン」(スクウェアエニックス)に連載、2009年にテレビアニメ化もされ人気となった『咲-Saki-』が新たなかたちでテレビに帰って来る。テレビアニメ『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』の製作、2012年春のテレビアニメ放映が発表された。
 本作は小林立さんの描く『咲-Saki-』のスピンオフ作品『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』を原作とする。2011年8月より「月刊少年ガンガン」で、五十嵐あぐりさんを作画に迎えて連載しているマンガだ。『咲-Saki-』の主要キャラクターとして登場する原村和の幼馴染である穏乃と憧を中心に、もうひとつの物語を描く。
 アニメ化にあたってのスタッフ、キャスト、放送局は、現在は明かされていない。来春の放映に向けて、少しずつ盛り上げていくことになりそうだ。

 『咲-Saki-』は、実際の世界よりもう少し麻雀が一般化した世界が舞台。さまざまなタイプの美少女が麻雀対決を通じて友情を育んでいく。作品に登場する麻雀の本格的な試合の様子も人気の秘密となっている。
 前作アニメでは、清澄高校麻雀部に入部した天才的な勘を持つ宮永咲を中心に、インターハイを狙う部員たちの物語を描いた。
 
 一方、阿知賀編の舞台となるのは、阿知賀女子学院。穏乃と憧は小学生の頃、和と伴に阿知賀こども麻雀クラブで仲間と伴に麻雀を楽しんでいた。ところが仲間はやがて別々の道を歩むことになる。
 しかし、中学3年生となった穏乃は、全国中学生麻雀大会で優勝している和の姿をテレビで見つける。「また和と一緒に麻雀を打ちたい」との思いから、穏乃と憧は阿知賀女子へ入学し、麻雀を目指す。

『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』
スペシャルサイト /http://www.saki-anime.com
公式Twitter /http://twitter.com/#!/sakianime
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集